ベランダ防水 通気緩衝工法(ウレタン防水)

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > ベランダ防水 通気緩衝工法(ウレタン防水)

こんにちは、マストホームズ静岡富士支店の原田です。今回はウレタン防水の工事についてお話したいと思います。

ウレタン防水には密着工法と、通気緩衝工法があります。密着工法は既存のウレタン防水に直接ウレタンを塗布して防水層を作っていく工法です。

今回施工させて頂きましたお客様のお宅は、既存の下地がコンクリートで出来ていた為通気緩衝工法を使用して施工をさせて頂きました。

現在の塗膜が劣化して部分的にひび割れや剥がれが起きてきています。既存の塗膜を一度全部剥がしていきます。

塗膜を綺麗に剥がし終わったら、次にプライマーを塗布していきます。

全体にしわや空気が入らないように通気緩衝シートを張っていきます。

ウレタン防水材を2回塗布していきます。2回塗布し終わったら上に塗装を重ねて塗って仕上げていきます。

仕上がりです。矢印の指している部分が脱気筒になります。

脱気筒は蒸気による膨れを防止するために取り付けます。

最後にドレンキャップをはめて終了です。

今回は既存の下地がコンクリートで出来ていた為、通気緩衝工法を行いました。コンクリートの場合密着工法で施工してしまうとコンクリートから発する蒸気により、防水層の内部から膨れを発生させる可能性が有る為、この膨れを防ぐために通気緩衝シート脱気筒を付けて、膨れが起こりにくい工法を選んで施工をさせて頂きました。

防水工事は既存の防水材や傷みによって施工方法が異なってきます。防水で気になりましたら一度マストホームズ静岡までご連絡ください。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら 0120017603
pagetop