浴室窓交換について

こんにちは!!マストホームズ静岡の小西です!!今回は窓交換についてご紹介していきたいと思います。

先日、外壁屋根を塗装させて頂いたお客様ですが、工事中に窓の交換はできるのかという話が出ました。このお宅様の家はダイワハウスで建てられた家で、今までは何かあればダイワハウスに頼まれていたそうです。今回の窓の件もダイワハウスに相談したそうですが、かなり大掛かりな工事で相当なお値段だったそうで今回声をかけていただきました。

施工の仕方が違うということもあるかとおもいますが、今回の工事をご紹介させて頂きます。

施工前の窓は片上げ下げ窓という窓で、上下2枚のガラスのうち下側だけが動く窓でした。経年劣化もあり、この窓が大分スライドしにくくなっており交換を考えられていてそうです。私も実際に窓を開閉してみましたが、確かに固く結構な力を入れないと動きませんでした。

片上げ下げ窓

今回ご提案させて頂いた窓はガラスルーバー窓という窓です。ご覧になったこともある方がほとんどだと思います。細いスリット状のガラス板が並んでいるタイプの窓で、レバーを回してガラスの角度を調節しながら開閉するタイプです。力も必要なく子供や高齢者でもラクラク開閉することができます。

目隠しルーバー

次に作業工程を説明していきたいと思います。

まず、外壁面についている格子を脱着します。

格子脱着

既存の窓を撤去し、あらかじめ寸法をとり作成していたサッシを組み立て既存の窓枠に取り付けていきます。

窓枠組立

次にガラスが枠に入るようにカットし挿し込んでいきます。

ガラス差し込み

開閉に問題がないかテスト開閉します。

窓の取付が終わりましたら、面格子を復旧し完成です。

格子復旧

窓の話が出ましたので、窓の種類についていくつかご紹介していきたいと思います。

引違い窓

日本の窓で一番多く使われているベーシックな横引き窓です。とにかく一番多くみるタイプのやつです!!

サイズが豊富(シリーズによっては障子が3~4枚ある幅広タイプがあるタイプもあります)

さまざまな部屋(場所)に取付けやすいです。

開き具合によって風通しが調整できます。

片引き窓

左右片方がFIX窓でもう一方をスライドさせて開閉する窓です。

真ん中にフレームがないので眺望を確保できるタイプで大きめの窓になることがほとんどです。

両袖片引き窓

真ん中の窓がFIX窓になっていて、両側がスライドして開く窓です。

これも真ん中にフレームがないので眺望を確保できるタイプとなります。

片上げ下げ窓

上下2枚の障子のうち下側だけが動く窓です。今回施工させて頂いたお宅の施工前の窓です。

窓の開き具合を好きな位置で固定できるので、風通しの調節ができる。

欧米で普及している窓なので、洋風な住宅に良く合います。

室内側から室外側のガラスの清掃が可能です。

折りたたみ窓

窓を折りたたんで開口部分を全開にできる窓です。

庭やテラスに面した窓に最適で、開放感がとてもあります。

開口を大きくとれるため、出入りもしやすいです。

たてすべりだし窓

たて方向を回転軸に、室外側へすべり出しながら開く窓です。

家の外側に沿って吹く風を室内に効果的に取り込める窓です。

操作レバーは押すと引くで開閉するカムラッチハンドルと、回して開閉するオペレーターハンドルの2種類(一部シリーズはグレモンハンドルです)があります。

室内側から室外側のガラスの清掃ができるのが特徴です。

オーニング窓

すべり出し窓を2~4つ縦に連結した窓です。

複数の窓を一つのハンドルで同時に開閉することができます。

障子がひさし状になるので、小雨程度なら窓を開けて換気することができるのが特徴です。

高所に取り付けた場合はボールチェーンや電動ユニットで開閉しますがこれにはオプション工事が必要になります。

突き出し窓

窓枠の上側を軸にして障子に下部を外側に押し出すように開く窓です。(すべり出し窓とは異なり、障子の上部が固定されています。)

ピクチャーウインドウとも呼ばれ、外の景色を取り込むのに最適です。

障子がひさし状になるので、小雨程度なら窓を開けて換気することができるのが特徴です。

ウィンドキャッチ連窓

FIX窓の両側にたてすべり出し窓の吊り元を方立にした窓です。

「たてすべり出し窓」を左右に付けることで左右両方からの風をとらえるのに有効です。

操作レバーは押す/引くで開閉するカムラッチハンドルと、回して開閉するオペレーターハンドルの2種類(一部シリーズはグレモンハンドルです)

室内側から室外側のガラスの清掃ができるのが特徴です。

ツーアクション窓

1つの窓で内開きと内倒しの2通りの開け方ができる窓です。

1つのハンドルで2通りの開き方ができるのが特徴です。

内開きは室内側に大きく開くので、窓の掃除がしやすいです。

内倒しは上部が少し開くので、換気の際に防犯やプライバシー保護、落下防止に効果的になります。

気密性、断熱性が高いので寒い地域におすすめです。

内倒し窓

窓枠の下側を軸にして障子を室内側に倒して開く窓です。

大きく開閉せず、内側に倒れるので、小雨程度の日なら窓を開けて換気をすることができます。

防犯やプライバシー保護、窓からの落下防止にも効果的です。

高所に取り付けた場合はフック棒で開閉するのが特徴です。

ツーアクション窓

1つの窓で内開きと内倒しの2通りの開け方ができる窓です。

1つのハンドルで2通りの開き方ができます。

内開きは室内側に大きく開くので、窓の掃除がしやすいです。

内倒しは上部が少し開くので、換気の際に防犯やプライバシー保護、落下防止に効果的

気密性、断熱性が高いので寒い地域におすすめです。

天窓

勾配のある屋根に設置する窓です。

1日中日差しが入るので、明かり採りに最適です。

設置場所を工夫すれば家全体を有効に換気できるようになります。

FIX窓

「はめ殺し窓」とも呼ばれる、開閉ができない窓です。

眺望や採光のためによく使われることが多いです。

高所や床に近い位置にもよく使われる窓です。

すっきりとした見た目で形の自由度が高く、デザイン性を重視する場合にも効果的です。

小窓

小さいサイズのスクエア窓です。

柱や桁を気にせず、お好みの位置に取り付けられる窓です。

室内の明かり取りに最適、開閉できるタイプの場合は換気もできます。

人が出入りできないサイズなので防犯に有効です。

住まいのアクセントとして、複数を配置するのもおすすめです。

出窓

建物の壁から外に突き出した形状の窓です。

お部屋を広く見せるのに有効です。

窓辺にものが置けます。

弓形、台形、角型といった形状をえらべます。

引違い窓、FIX窓など窓の開き方がえらべるのが特徴です。

弊社おススメ断熱窓

住まいの中で、熱の出入りが一番大きいのは「窓」なのです。

ですので、窓の「断熱」をよくすると、住まいの快適性はグンとよくなるのです。ご存知でしたか?断熱したいのであれば外壁の断熱塗料より窓ですよ!窓に手をいれましょう!!

樹脂フレームの窓は、アルミフレームの窓に比べて熱の伝わり方が1/1000なのです。
室外が暑い時や寒い時でも室内温度の変化を少なくてすみ、1年中快適な室内環境をつくってくれます。

また、結露が少なくなるのでカビ・ダニの温床になりやすい結露を低減させます。そして家族の健康や住まいの長持ちにつながるのです。

最後に

窓にもこれだけ種類があるので自分の好みで窓を選んで見て下さい。窓交換などご検討の際は弊社までご連絡下さい!!以上が今回のご紹介内容になります。またこのような工事をご紹介していきますので、良かったらまたご覧になって下さいね。ありがとうございました!

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら 0120017603
pagetop