リフォームとリノベーションの違いって?

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > リフォームとリノベーションの違いって?

こんにちは、マストホームズ静岡富士支店の原田です。今回は、リフォームとリノベーションの違いについて簡単にお話したく思います。リフォームとリノベーションの違いを聞かれた時に違いを皆さんは簡単に伝えることが出来ますか?普段なんとなく使っている言葉ですが実際に施工を行うとなると、その違いについて覚えておくと良いと思います。簡単に違いをお伝えします。

リフォームとは、一般的に年数が経ち古くなった建物を新築のような状態に戻すことを言います。賃貸やアパートの場合は撤去するときに入居者の入る前の状態に戻す原状回復と言う意味でも使用されます。リフォームは改善すると言った意味を持っています。劣化したものを元の状態に戻すと言う意味として多く使用されます。住宅でリフォームと言う言葉を用いるときは、壊れたり老朽化したものを直したり、外壁の塗り替えなどがリフォームに当たります。

リノベーションとは、新築の時よりも性能を向上させたり、使いやすさを改善したりすることを言います。リフォームが劣化したものを元に戻す回復と言う意味を持っているのに対し、リノベーションはそこから新しい機能や使いやすさを改善する意味を持っています。住んでいる人の成長に合わせて建物の間取りや内外装を使いやすく変更する意味を持っています。とは言え、現在はリフォームとリノベーションの意味は非常に曖昧になってきています。工事の規模や住まいの性能によって使い分けるようになってきています。

工事の規模で言うと、キッチンやユニットバスの入れ替え、設備の変更や修繕、屋根の張り替えなど、部分的なものを修繕することをリフォームと言います。また、生活しやすく間取りを変えたり、床暖房の配管を通したり、住宅の全体に関わるような工事や生活をより良くする工事はリノベーションと言われています。

新築の時と同様、それに近づける工事をリフォームと言い、新築以上の性能を持たせる工事をリノベーションと言います。

では、リフォームとリノベーションのメリット・デメリットもお話します。

まずはリフォームのメリット・デメリットです。必要な箇所のみを施工することによって最初はリフォームから検討する方が良いかと思います。リノベーションや建て替えと比べて部分的に行うため簡単に進めやすい特徴があります。それでもデメリットはあります。場合によってはコストパフォーマンスが悪くなる可能性もありますので気を付けて下さい。

リフォームのメリットは、建物の全体の間取りを変えたり大掛かりな工事を行う訳ではありませんので、建て替えやリノベーションに比べると費用を抑えることが出来ます。予算に応じて必要な箇所だけをリフォームすることが出来ます。大掛かりな工事でない限り工事期間も短く済みます。建て替えや、リノベーションの場合、生活空間を奪われ、その間仮住まいを見つけなくてはいけない場合が有ります。リフォームの規模にもよりますが、部分的に進めるため住んだまま工事を行うことが出来ます。新しく性能を加える訳ではなく、新築に近い状態に戻すという意味では、仕上がりのイメージも付けやすいのもリフォームメリットです。デメリットはリフォームは劣化したもの、老朽化したものを直したり修繕する工事になる為、住宅の持つ機能を改善する訳ではありません。また、建物の残す部分を傷つけないように工事を進めるため、細かい作業の繰り返しになる場合、時間が掛かる為、一度に進められる建て替えやリノベーションよりもコストがかかってしまう場合もあります。あまりにもリフォームの箇所が多い場合は工事の内容に合わせて建て替え、リノベーションの方が良い場合もありますのでしっかり検討することが大事になります。

次にリノベーションのメリット・デメリットです。最近では家族構成や生活スタイルに合わせて住宅の性能や機能を向上させる工事が注目を集めています。これはリノベーションに分類されます。住みやすさを重視したり高めるメリットがあります。ただ、メリットに目が行ってしまいデメリットを考えず工事を行うと思わぬことが起こる可能性もありますので注意してください。

リノベーションは住宅を家族構成や生活スタイルに合わせて性能や機能を向上させるため、多くのメリットがあります。これまでは、家の大きさや間取りに合わせて人が生活スタイルを考えて合わせて生活していくのが普通でした。しかし、家の間取りなどを変更しながら家を生活スタイルに合わせて変えていくのがリノベーションのメリットです。自分たちの望む生活が送れるように住む人の生活スタイルに合わせて建物自体を変えていく考えが広まってきています。また、住宅を購入するにあたり、希望エリアで自分の生活スタイルを満たす物件を探すのは簡単ではありません。人気があるエリアでは多くの希望する物件が見つからなかったり、費用的にも別のエリアで検討するしかなかったり希望する条件を諦めなければならない場合もあります。最初からリノベーションを視野に入れて考えると中古の住宅でも選択枠に入ってきます。新築物件と違い物件自体の価値も安くなるためその費用をリノベーションに当てることも検討出来ます。最初からリノベーションを考えて購入することで希望エリアなど選択の範囲を増やせる可能性も出てきます。場合によっては新築を購入するよりも中古住宅でリノベーションを楽しむ方がコストをおさえられる可能性もありますので、しっかり検討することが大切です。しかし、リノベーションのデメリットもしっかり把握しておくことが大切です。中古住宅を購入してリノベーションを行う事は良いとします。ただ、中古住宅という事は築年数に注意しなくてはいけません。建築基準法の改正により、基準が引き上げられていたり、見えないところに劣化が生じている場合もあるからです。特に、耐震性が現在の基準に達していない場合、現在の耐震基準を満たすため耐震工事を行う事で思いもよらぬ費用が掛かってしまう可能性もからです。1981年以前の家は、大きく法改正が行われているので基準に達していない場合が有るので気を付けて下さい。ただ、それ以前に建てられていたとしても、基準を想定して建てられていたり、元々高い基準で建てられている場合もありますので、リノベーションを目的として購入する前にしっかり調べておく必要性があります。また、購入後一般的には引き渡し後すぐに住むことが出来ますが、リノベーションをする場合、引き渡しまでに、建物検査・設計・施工と作業が加わります。結果として完成までに多くの時間が必要になってきます。早く住み替えたい方にはあまりお勧めではありません。最後にローンの金利に関してです。住宅購入には住宅ローンを利用して金利の安いローンを組むことが出来ます。リノベーションを行う際、住宅ローンではなく比較的金利が高いリフォームローンを住宅ローン以外に組まなくてはいけない場合があります。また、購入後に工事がスタートするため、工事の内容によっては、ローンと現在住んでいる家の家賃の二重払いが発生する可能性もあります。リノベーション済のお家の購入であれば住宅ローンだけで済みますので、リノベーション済のお家を購入するのも選択枠の一つに入れておくと良いと思います。

簡単ではありますが、リフォームとリノベーションの違い、メリット・デメリットについてお話させて頂きました。マイホームを購入してから、何十年と住み続けていくと必ずメンテナンスが必要になってきます。その時に、リフォームをするのか、リノベーションをして少し違った生活スタイルを作り上げていくのか、しっかり考え、検討して工事を決めていくことが大切です。また、お家の購入に新築物件だけでなく、リノベーション物件を選択枠に入れることも楽しいかもしれません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。どんな些細な疑問でも、マストホームズ静岡富士支店までご相談ください。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら 0120017603
pagetop