外壁材 特徴 塗り替え時期

こんにちは、マストホームズ静岡富士支店の原田です。

今回は外壁材の特徴、塗り替え時期についてお話させて頂きます。近年外壁材も様々なものが使用されるようになりました。良く耳にされるモルタル壁・サイディングボード・ALCパネルに関して簡単にお話させて頂きたく思います。

モルタル壁

まず初めに、モルタル壁についてお話します。モルタル壁とはセメントと砂と水を混ぜ合わせ左官職人がラス網(網状金属)に塗り施工していく外壁材です。主成分にセメントを使用していることから、丈夫なイメージを持たれる方も多くいますが、モルタル壁自体の防水性は低いという特徴があります。その為、モルタル壁は塗装で表面に防水性を持たせています。この塗装が劣化して放置してしまうとモルタル壁が水分を吸収して様々な劣化が起こります。

モルタル壁のメリットは職人さんが左官工事で仕上げます。サイディングボードなどと比較して手作業で施工するため、意匠性に優れ様々なデザインに仕上げることが出来ます。ただ、サイディングボードなどと違い、シーリング材のような緩衝材がない為、ひび割れに弱いというデメリットもあります。表面の塗膜の劣化からだけではなく、地震や振動によってもひび割れが起きてしまう可能性が出てきます。

では、塗り替え時期の目安です。表面の塗膜の劣化が進行してきたら塗り替えの時期になります。外壁を触って手に粉のようなものが付着すると塗膜の劣化が始まったサインになります。チョーキング現象と言います。この状態になると新築時または前回塗られた塗料が劣化し始めている状態です。こうなると表面全体から雨水を弾かず吸収している状態になります。ひび割れも起こりやすくなります。一番怖いのは、表面やひび割れ部分から雨水を吸収して内部にあるラス網(網状金属)を錆びさせる事です。そうなってしまうと、ラス網とモルタル壁が剥離を起こし、浮きや欠落に繋がる可能性が出てきます。モルタル壁の塗り替えの時期としては、表面の塗膜の劣化、ひび割れに注意をして時期を検討してあげる事がお家を保つために大切になってきます。

サイディング

次にサイディングボードの特徴についてお話します。サイディングボードと一言で言っても、窯業系、木質系、金属系、樹脂系と様々な種類があります。その中でも住宅に多く使用されているのが窯業系サイディングボードになります。近年では金属系のボードも使用されるようになってきましたが、一番使用されている窯業系サイディングボードの話をします。窯業系サイディングボードとは、セメントと繊維質系の原料を混ぜ合わせ作られた外壁材です。パネルを貼り合わせて壁を作っていきます。

サイディングボードのメリットは施工がしやすく工期が短く建てることが出来ます。耐火性、耐久性に優れ品質も安定しています。デザインのバリエーションも多く工場で施工されます。ただ、通気性はあまり良くないため熱を吸収しやすく、ボードの間に入ったシーリング材の劣化がしやすく、メンテナンスコストがモルタル壁と比べると掛かってしまうデメリットもあります。デザインは豊富にますが、企画が有る為オリジナル感を出しにくかったり、部分的に張替が必要な時に定期的にデザインが変わるってしまう事もあり、同じパネルがない可能性も出てきます。

では、サイディングボードの塗り替えの時期の目安です。モルタル壁と同様に表面の塗膜の劣化が出てきます。サイディングボードも同じようにセメントと繊維質系の材料を使用している為表面の塗膜が劣化すると雨水を吸収します。吸収と乾燥を繰り返すことにより耐えられなくなったボードは変形してひび割れに繋がります。表面に雨水を吸収することで、外壁自体が膨れたり、腐食してしまう恐れがます。また、サイディングボードの特徴として一番怖いのは、シーリング材の劣化です。シーリング材の劣化が進むと雨漏りに繋がる可能性もありますので注意して下さい。表面の色褪せ、シーリング材の劣化が出始めたら塗装を考えてあげる事が大事になります。

ALCパネル

最後にALCパネルの特徴についてお話します。ALCパネルとは珪石、セメント、生石灰、発泡剤のアルミ粉末を原料として高温高圧蒸気養生という製法による軽量気泡コンクリートです。厚さは薄型パネルで35㎜以上、厚型パネルで75㎜以上のものもあります。サイディングボードと同様で工場で作られています。ALCパネルも外壁材自体の防水性は低く、更に気泡が多いことから雨水を吸いやすいので塗装が必要になってきます。劣化を放置してしまうとモルタル壁と同様の傷みが出てきます。

ALCパネルに関してコンクリートと言われると大変重いものを想像される方もいますが、高温高圧で蒸気養生され内部は気泡が多くある為コンクリートと比較すると4分の1程の重さになります。メリットとしては、気泡が有る為、夏は涼しく冬も一定の温度を保てるなど断熱効果も期待できる外壁材です。コンクリートでありながら軽量の為施工しやすく、サイディングボードのように工期を短縮させることもできます。不燃材料のコンクリートなので耐火性に優れ、内部に鉄筋マットやスチール製の金網が使用されているので強度もあり耐久性もあります。また、アスベストなどの有害物質が含まれていないのでシックハウス症候群などの心配もありません。メリットの多いALCパネルですが、先程お話したように、防水性が弱いのがデメリットになります。表面の塗膜の劣化により、雨水の吸収を始めると、気泡が多いので吸収しやすく、膨張やひび割れを起こしたり、内部の金網を錆びさせ欠落を起こす可能性もあります。また、サイディングボードと同様にシーリング材が使用されています。パネルのサイズがボードに比べると小さいことからパネルのつなぎ目が多くなります。コストも掛かってきます。放置してしまうと雨漏りにも繋がりかねませんのでを付けて下さい。

塗装の目安としては、ALCパネルは軽量・断熱性・耐火性・遮音性・強度など大変優れた特徴がありますが、防水性が弱いので表面の塗膜の劣化に気を付けておくことが大切になります。また、シーリング材の劣化にも注意しておくことが大切です。耐久性の高い塗料やシーリング材を使用することで、お家の寿命も長く安心できる外壁材です。

今回は3つ外壁材の特徴、塗り替えの目安についてお話しました。外壁材自体には防水性がない為、塗装をすることがお家の寿命を長く保つためにも大変重要なことになります。大切なお家の特徴、メンテナンス時期を理解して頂けたらうれしく思います。

何かお家の異変に気付いた時は、どんな些細なことでも構いませんので、一度マストホームズ静岡富士支店までご連絡を頂けたらと思います。今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら 0120017603
pagetop