タスペーサーについて、

  

こんにちはマストホームズ静岡の笹本です。
今回は屋根の塗装をする時に必要な作業について説明していきます。
 
 家の屋根を塗装をする時に必要になってくるのが「縁切り」という作業になります。縁切りと聞いてもなんのことやら分からない方が殆どだと思いますがこの作業をする、しないでは屋根の寿命に大きな影響がありますので今回はこの縁切りについて説明していきます。
 
縁切りとはスレート瓦(カラーベストやコロニアルの)屋根の塗り替え時に必要な作業です。どういうことをするかと言うと、従来は塗装後の一枚一枚引っ付いた屋根をカッター等で切っていくという地道な作業でした。
現在はタスペーサーという屋根を塗装する時に使う便利グッズのような商品を、部材の挿入して縁切り作業を行う場合が増えました。これについては後ほど詳しくご説明します。
 
カッターによる縁切りもタスペーサーによる縁切りも、いずれにしても屋根と屋根の間に隙間を作る作業だと思っていただけるといいと思います。
屋根と屋根の間に隙間を作ると雨漏りするのではないか?と思われる方も多くいると思いますが、実際は逆に屋根と屋根との間に隙間がない方が雨水の排出先がなくなるので危険になります。
 
  縁切りの1番の効果は雨漏りを防ぐことです。雨水は強風時や大雨など想定外の雨が降ったときには構造上屋根材の下にも入り込むようになっています。なので入った雨水をどうやって排出するかが重要になってくるのです。
 
縁切りが必要な薄型化粧スレートの屋根材は表面に溝があり、この溝は屋根材の下に雨水が侵入した際に排出してくれています。しかし屋根塗装をすることでこの溝を塗料でふさいでしまう可能性があり、そうすると雨水の逃げ場がなくなるので瓦の下に水が溜まっていってしまい、屋根下地の腐食を誘発してしまったり雨漏りに繋がってしまいます。
 
 
縁切りににはもう1つ、家の内部と外部へ発生する結露を防ぐ効果があります。結露の出来る仕組みとしては、物質の内側と外側の気温差が生じた際に結露は発生していきます。
このことを屋根に当てはめて考えると空気は上昇する性質があるので建物内に発生した暖かい空気は天井を通して屋根裏まで上昇します。
一方で、屋根の外側は外気と接しているので日中は熱くなり、それ以外の時間は冷たくなります。。ですので、屋根の内側は温まり屋根外側は冷えるのでこの温度差により結露が発生します。
縁切りで屋根に隙間を作らないと屋根裏で内部結露した水分がたまってしまい、結果的に中の断熱材や木材を腐らせてしまうことになります。
 
 タスペーサーはスレート瓦(コロニアルやカラーベスト)を塗り替える際に使用される道具で、タスペーサーが水の通り道を作り、雨を適切に流すことによって、スレート瓦を塗り替える上での問題点である、”雨漏りのリスク”を格段に抑えます。タスペーサーを設置しなければ綺麗な塗装ができたとしても雨漏りのリスクがグッと高くなってしまうのです。近年、スレート瓦の塗替え時にタスペーサーを設置するケースが増えてきました。しかし、タスペーサーの必要性や認知度が十分でないために、使用していない業者も存在します。
 
タスペーサーが使われる前に行われていたカッターによる縁切りには問題点があります。
縁切り自体はとても大事な作業ですが、実際は行われていないことがかなり多く存在します。
やった方がいいのが分かってはいても、地道で手間がかかる作業であるうえに、足場を解体したらわからなくなってしまうので部分になりますのでやらない事が多くあったのが問題点になります。
その他にも従来のカッターでの縁切りの問題点をあげると…。
屋根塗装の際にせっかく仕上げた塗装を傷つけ、せっかく綺麗にした屋根を汚してしまうことがあります。
何百枚もの屋根材に作業をするので手間も時間もかかり、時間と手間がかかる為にお客様にとってもコストが上がることにつながってしまいます。切る事により塗膜を傷つけてしまう行為は業者にもリスクがあり、大事な作業であるにもかかわらず見た目の変化もわからないため省略する業者が存在しています。
 
このカッターでの縁切りにおける従来からの問題点を解消したのが「タスペーサー」です。
タスペーサーとはセイム社から販売されている商品の名前です。タスペーサーを挿入することで屋根と屋根の間に隙間が確保されるため、カッターによる縁切り作業をする必要がなくなります。また、カッターによる縁切りよりもタスペーサーを挿入する方が時間がかからないため時間短縮でき、人件費という一番のコストも抑えられます。また綺麗に塗装した塗膜を汚すこともないのでリスクも抑えられます。
とてもメリットが多いので従来のカッターの縁切りではなく、タスペーサーの挿入で縁切りの工程を今は行う場合が多いです。
 
タスペーサーの設置費用
  タスペーサー自体の単価は1個20円から50円程度です。一般のお宅(20坪から30坪)の場合、タスペーサーは700~1,000個必要で、費用は2万円~5万円程度です。1平米あたりの単価にすると、業者によって200円~500円くらいが相場です。
 手前でご紹介した縁切り工法の場合、人件費が1日分かかってしまうので、費用は5万円~6万円になり、手間がかかる為タスペーサーの設置費用より高くなってしまいます。
 
また、タスペーサーを設置してもらう際のトラブルを回避するために次のことに気をつけてください。
まず、商談の時に見積もりの中にタスペーサーや縁切りの項目がちゃんと記載されているかの確認をすることが大切になります。口約束ではなく、必ず書面で工事内容を記載してもらうことでトラブルを回避しましょう。
また、タスペーサーは下からでは確認出来ずしっかりと入れてくれていない業者も存在してはいるので、工事の終了後にはタスペーサーを設置したのか確認出来る写真や報告書の提出をして貰うこともトラブルを避ける為に必要になります。
 
タスペーサーには従来の縁切りよりも、雨漏りのリスクをさらに下げられたり、屋根の美観を保てるたり、工事期間が短く済み、人件費を抑えられる。と様々なメリットがあります。
 
 このような形で、意外と地味で目に見えない部分になりますが、塗装は雨漏りを防ぐ為にされている方が殆どかと思いますので、この縁切りをしていないだけで、雨漏りを誘発してしまっては意味がないと思います。また、塗装をする前よりも家を痛ませてしまったとなる可能性すらあるので、屋根の塗装をしていく上で大切な工程になります。
これから屋根の塗装を考えている方などは縁切りに関しては意識して、失敗の無いようにしましょう。
0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop