基礎の知識!!

こんにちは、マストホームズ静岡富士支店の原田です。先日お客様から基礎のひび割れについて質問されましたので、勉強を兼ねて今回は基礎のひび割れについて注意する劣化症状と補修方法をお話したいと思います。

最近は住宅の耐震性に注目が集まることが増えてきています。そんな中もし自宅の基礎にひび割れが起きてしまったら大きな不安を感じてしまう方も少なくないと思います。ただ、ひび割れと言っても様々な種類が有り、基礎自体を補修するべき場合とそうでない場合もあります。もし、ひび割れについて気付いた時劣化症状の見分け方などがわからないと、今後の住まいに不安な要素が付きまとってしまいます。劣化の具合によって適切な処置をするために少しでも参考にして頂けたらと思います。

まずは基礎のひび割れに関して原因やひび割れを起こす問題についてお話します。そもそも基礎のひび割れはなぜ起きるのか?基礎のひび割れの起こる主な原因はこんな事が有ります。

乾燥収縮  基礎のひび割れの原因で多いのが乾燥によってコンクリートの内部の水分が蒸発することで基礎が収縮する現象です。住宅の基礎のようにコンクリートが固定されている場合乾燥収縮によって引っ張られたコンクリートが耐え切れなくなりひび割れを起こしてしまいます。

気温変化  コンクリートは温度が急激に下降すると縮む性質が有ります。その際に発生する力がコンクリートの引張強度を上回ってしまうとひびわれが発生しやくなります。夏場に施工された基礎によく起きる現象です。

不同沈下  地盤が弱い場所に立つ家に起こりやすい現象です。住宅が斜めに傾くことにより、基礎が支えきれなくなりひび割れが入ります。程度によっては日常生活に支障をきたしたり、住宅そのものの倒壊につながる恐れのあるひび割れです。

地震  よほど大きな地震でなければ深刻なひび割れが発生することは少ないです。地震の時に大きなひび割れが起きた時は、基礎に何かしらの問題がある可能性を疑うことをお勧めします。

施工不良  コンクリートの厚さの不足や、強度不足など、基礎を施工するうえで問題があった場合にもひび割れが発生してしまうことが有ります。

コンクリートの中性化  コンクリートは吸水性の高い素材であるため雨や空気中の二酸化炭素に長い間さらされると内部のカルシウム化合物が中性化してしまう現象が起きてしまいます。鉄筋を保護しているアルカリ性のコンクリートが中性化をしてしまうと鉄筋がさびて膨張してしまいその結果ひび割れが発生します。

では、基礎に起きたひび割れを放置しておくとどのような事態を招いてしまうかです。まず警戒が必要なのはひび割れから雨水が内部に侵入することにより発生する鉄筋のサビです。構造に影響を与えるわけではない幅0.3ミリ以下のひび割れでも雨水の侵入は起こり得るため注意が必要です。また深刻なひび割れの放置は地盤沈下が発生する可能性が有ります。住宅の重量を基礎が支えきれなくなり傾きます。

気になるのは大きな地震が来た時の影響です。基礎のひび割れは住宅の耐震性に影響を与えるかです。結論からお話しますと幅0.3ミリ以下のひび割れが少し発生している程度では耐震性に大きな影響は与えないようです。ただ、構造に影響を与える恐れのあるひび割れが入っている場合はその限りではありません。深刻なひび割れが入っている場合は放置をすることで強度は低下します。大きな地震が発生した場合何かしらの危険性もありますので、万が一住宅の傾きなどが見られる場合は早急に対策してあげて下さい。

次に、基礎を補修してあげるべき状態のひび割れです。幅0.3ミリ以上、深さ4ミリ以上の構造クラックと呼ばれるひび割れが発生している場合は基礎の補修が必要です。構造クラックは貫通クラックとも呼ばれひびが表面だけでなく内部の鉄筋にまで届いてしまっている非常に危険なひびです。雨の侵入によって鉄筋がサビてしまうだけではなく、広範囲に広がって最悪の場合地盤沈下を招いてしまう可能性もあります。通気口の角の部分に発生しやすいです。また、髪の毛くらいの大きさのヘアークラックと呼ばれるひび割れは、すぐに基礎の強度に影響を与えることはないと言われています。

ただ、たとえ小さなひび割れであっても、限られた範囲内にいくつも発生している場合は注意が必要です。例えば1m以内に3本以上のひび割れが発生しているかを目安として、あまり多くのひび割れがある場合は基礎の構造への影響が疑われる可能性が有るようなので、専門の診断を受けると良いそうです。

基礎の下から上まで横断しているひび割れも注意が必要です。たとえ幅がちいさなヘアークラックでも早めに補修することが大切です。また、地面と水平に入っている場合は設計、施工に何かしらの問題を抱えている場合もあります。基礎にひび割れが入るもっとも一般的な原因は、乾燥や温度変化によるコンクリートの収縮です。ひび割れは縦に発生することが多く、そのはとんどが構造に影響を与えるほどではないヘアークラックですが、横や斜めに入るクラックに関しては大きな力が基礎に加わることで発生します。しっかり施工された基礎であれば多少地震が起きた程度ではクラックが発生することがないようです。横や斜めのひびがある場合は住宅の構造に何かしらの問題がある可能性がありますので、一度診断してあげる事をお勧めします。

最後に基礎にできた雨染みです。基礎のコンクリート内部に雨水が侵入していることを表すサインとしてひび割れ周囲の雨染みです。比較的わかりやすいものになります。酷い場合は内部の鉄筋のサビ汁がしみてきている場合もあります。基礎の強度への影響が懸念されます。基礎はコンクリートの為防水性はありません。雨の侵入を防ぐためにも塗装して侵入を防ぐ必要もあります。

ここまで、基礎のひび割れの原因、補修すべき劣化症状をお伝えしましたが、お家の基礎を確認したとき、あてはまる症状があれば補修について考える必要があります。

そこで実際に補修する際どのような方法があるかを簡単ではありますがお話します。

基本的に業者に依頼する方法になるかと思いますがいくつかお伝えします。

Vカットシール工法  コンクリートのひび割れ部分に専用の電動工具でV字型の溝を入れます。その部分にシール材・エポキシ樹脂を充填しモルタルなどを塗布して表面を整える方法です。幅の広いひび割れやシール材が奥に届かないひび割れに対応が出来る補修方法と言われています。

ビックス工法  ひび割れの表面に設置したパイプにゴム製の注入器を設置しゴムの圧力で長時間かけてエポキシ樹脂を注入していく方法です。幅0.1㎜以下の微細なひび割れにも樹脂を充填することが可能です。

アラミド繊維シートの貼り付け  アラミド繊維とはタイヤや光ファイバーなどに使用される非常に強度の高い素材です。網材の7倍の引張り強度があるとされているこのシートを基礎の部分に張り付けその上からモルタルなどを塗布して表面をならします。軽微なひび割れの補修に使用するにはやや費用が掛かりますが耐震性の向上が大いに期待できる方法です。

以上、長くなりましたが基礎に関する簡単な知識をお話させて頂きました。これからも長く住まわれていくお家の中で一番の負荷がかかっている基礎を、今一度確認して安心で快適なマイホームを守ってあげて下さい。

最後まで視聴して頂きありがとうございます。

 

 

 

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop