ALC外壁ってどういった外壁なのか?

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > ALC外壁ってどういった外壁なのか?

 

 こんにちは!マストホームズ静岡富士支店の佐藤です。一時よりはマシになりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。もう大丈夫と油断していると危険な熱中症もまだ気を付けなければなりませんよ。実際、ピークよりも暑くないからと水分補給を怠っていたら、僕も営業中に熱中症になりかけてしまったので皆さんもそんな暑くないからと油断せずに水分補給はマメにするようにしましょう!

 あとはこの時期ですと僕の大好きなプロ野球のペナントレースが終盤に入ってきて毎日目が離せない時期です!ペナントレースの終盤というのはどのチームも序盤~中盤の戦い方とは異なり、各チームの特色が出る采配が増えてきます。例えば、優勝が望める位置にいるチームだと、もちろん優勝を目指して優勝を最優先に考えて監督も采配します。優勝を共に争っているライバルチームとの3連戦に合わせてピッチャーのローテーションをずらしてでも3タテを狙いにいったり、中継ぎピッチャー陣に通常よりも無理をして登板させたり、今まで長い目でみて成長させたい若手を使ってきたところを現在調子がいいベテランを使ったりします。要は長い目でみるのではなく、目先の勝利だけを考えての采配になることが多いです。

 しかし、優勝争いからは脱落してしまっているチームだとこれが逆になったりします。もちろん試合がある限り勝利を目指して戦うのは大前提ですが、目先の勝利の為というよりは来年、再来年、もっと先のチーム作りを考えての選手選びが増えます。今までは出すことが出来なかった期待の若手や、ケガ明けで実践感覚が薄くなっている選手など来年以降に繋がる采配が増えます。なのでファンとしては早く見たみたかったけど、優勝を目指す事を考えると試合ではまだ使えなかった期待の新人選手や若手選手が1軍の試合で見れるケースが増えるので、これはこれで楽しかったりするんですよ。

 ただ、そういうチームだと良い成績をずっと残しているレギュラーの選手たちからすると優勝を目指せないチームよりは毎年優勝を目指せるチームに入りたいという気持ちが出てくるものですし、今のチームよりも年俸面や生活環境面が良いのであればなおさらそう思うのは仕方ないですよね。実際日本のプロ野球においてもFA制度で移籍する選手も多いですし、本場メジャーリーグではもっと盛んに移籍が行われています。

 日本プロ野球はチームが12球団しかないですが、基本的には自分の生まれ故郷近くのチームのファンになるケースが多いと思います。例を挙げると、北海道であれば日本ハム、東北地方であれば楽天、九州だとソフトバンク、大阪だと阪神かオリックス、東京だと巨人かヤクルト、広島だとカープみたいな感じですね。ただ、それぞれのチーム毎に特色や戦い方が違いますし、チームカラーが全然違うので、自分の性格に合っていたり、単純に好きな選手がいるチームを応援するでも全然いいと思います。実際、北海道に住んでいても日本ハムファンじゃない人もいますし、大阪に住んでいるのに実は巨人ファンという人も全然いるので、そこにはこだわり過ぎずに贔屓球団を作りましょう!

 

 といった感じで野球にまったく興味がない人にとってはすごくどうでもいい話をしてしまいましたが、今回はALCという外壁について書いていこうと思います。意外と知らない人も多く、実際住んでいる方ですら実はあまい知らないケースも多いので、野球の話と違ってこれは大事なトピックなので是非目を通してもらえればなと思います。

 

 1 ALCとはいったい何か?

 ALC外壁とは、高温高圧蒸気養生をした軽量気泡コンクリートのことです。ALCの主な主成分は、ケイ石、セメント、生石灰などが主原料になり、ALC内部に気泡を含んでいるのが特徴です。外壁だけではなく屋根や床、間仕切りなどに使われる建材で、住宅以外にも高層ビルや中低層ビル、ショッピングセンターや倉庫など様々な建物の構造材料として使われています。

 ALCパネルは厚型と薄型の2種類に分けることができます。厚型は75ミリ以上で主に筋コンクリート造などの耐火建築物に使用されます。薄型は35ミリ~75ミリで主に木造や鉄骨造に使用されます。それぞれに一般パネルとコーナーパネルの2種類があり、さらに表面加工の異なる平パネルと意匠パネルに分けられます。住宅環境や構造によって適したALCパネルは異なるので、住宅メーカーに確認するなりで一応把握しておいた方が良いでしょう。

 

 2 ALC外壁のメリット

 ALC外壁は機能性が高く、多くのメリットがあります。代表的なものをいつくか説明します。

 ① 耐久性が高い

 ALC外壁は耐久性が高く、地震にも強いメリットがあります。ALC外壁を適切な条件で使用し、定期的なメンテナンスを行った場合、ALCパネル自体の耐用年数は軽く50年は超えると言われています。将来的に建て替えをするよりも、メンテナンスをしながら長く住みたいという方にはピッタリの外壁材です。

 ② 断熱性、耐火性に優れている

 ALC外壁は内部の気泡が空気の層を作る為、熱伝導率が低く断熱性が高い素材です。通常のコンクリートの約10倍も断熱性があると言われていることから、断熱材と併用すると夏場は涼しく冬場は暖かい住宅環境を維持しやすくなります。燃えにくい耐火構造を有しているため、耐火性・防火性も優れています。また、無機質な原料で作られていることから、万が一火災が起きた場合でも有害物質を発生させません。

 ③ 軽量で遮音性が高い

 ALC外壁は通常のコンクリートに比べて重量が25%程度しかないのが特徴のひとつです。軽量でありながら強度が有り、遮音性が高いメリットがあります。内部の気泡が音を吸収する為、騒音のある環境でも住宅内に音が伝わりにくく、プライバシーの保護にも役立ちます。

 

 3 ALC外壁のデメリット

 当然メリットもあればデメリットもあります。代表的なものをいくつか説明します。

 ① 防水性が低い

 ALCパネルは吸収性が高い素材のため、耐候性がが低いデメリットがあります。内部の気泡部分に水が浸入してしまうと、膨張やひび割れの原因になってしまい修復が難しくなるケースもあるので注意しましょう。ALCパネルは耐久性が高い素材ですが、ALCパネル自体やシーリングの劣化を防ぐためには塗装をして防水性を高める必要があります。

 ② つなぎ目が多い

 ALCパネルはモルタル壁などの塗り壁とは異なり、建物に取り付けていく外壁材のため、パネル同士のつなぎ目が多いのが特徴です。ALCパネルのように取り付ける外壁材にはサイディングボードがありますが、ALCパネルの方がサイズが小さく設計されているので、その分つなぎ目が多く雨漏りリスクが高いデメリットがあります。ですので、ALC外壁の劣化を防ぐには、シーリング材でつなぎ目をしっかり埋めることが大切です。

 

 4 ALC外壁塗装時の注意点

 ALC外壁の機能性を保つには塗装メンテナンスが欠かせません。他の外壁と重複する部分もありますが、ALC塗装をする際の注意点をいくつか説明します。

 ① ALC外壁の防水性の低さは仕上げ材の防水機能で補います。仕上げ材に使用する塗料は防水性・弾力性の高いものを選ぶのがポイントです。一般的にはシリコン系、フッ素系、無機系などの耐候性の高い塗料が望ましいです。耐候性が高い塗料ですとその分費用が高くなりますが、その分寿命が長い塗り替え頻度が少なく済むメリットもあります。現状の傷みや相性によって選ぶ塗料も変わってきますので、業者とすっかり相談して決めていきましょう。

 ② ALCパネルの目地はシーリング材を注入して埋めていきます。雨水の侵入を防ぐためにはしっかりとシーリング材が入っていることが大事ですが、適切なシーリング材の厚みが守られていないと劣化を早める可能性もあります。シーリング材は外壁よりも劣化が早いのが一般的ですので、外壁塗装と一緒に施工するのが望ましいです。しかし、上記でも書いたように一般的なサイディングボードと比べるとシーリング材が入っている箇所が多く、その分m数も多いのでその分の費用も高くなってしまうケースが多いです。これはALC外壁の最大のデメリットかもしれません。

 ③ ALCパネルの劣化を防ぐには、定期的なメンテナンスが必要です。特に大切なのが見た目で分かるような大きい傷みが出る前にメンテナンスをするというところです。ALCパネル自体が破損してしまったり、クラックなどが出てしまっていると塗装工事以外にも追加の工事が必要になってきて余分な費用がかかってしまったりします。ですので定期的に点検をして良い状態を保つように心がけて頂きたいです。

 

 といった感じでALCについてご説明させていただきましたが、参考になってもらえたでしょうか?塗装業者の中にもALCに関してはそこまで詳しくなく、適切ではない塗料や工事のやり方をしてしまっているケースも稀にあります。マストホームズ静岡富士支店ではALC外壁も当然得意としていますので、もし気になられている方がいらっしゃいましたらご気軽にお声をかけていただければと思います!!最後まで目を通して頂きありがとうございました。またお会いしましょう、失礼します。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop