屋根塗装について!

こんにちは、マストホームズ静岡富士支店の原田です。今回は屋根の塗装についてお話します。外壁の塗り替えは10年が目安とよく言われます。では、屋根はいつ塗り替えるのが良いのでしょう?答えは外壁と同じ10年位が目安になります。外壁と同時に塗ってあげる事がお得になります。なぜ?お得になるか。それは足場代です。経済的なことを言いますと、屋根を塗るために再度足場を組むことになると、足場代が2回掛かってしまうことになります。1回で済ますことにより経済的な負担を減らしてあげられるという事です。屋根の塗り替えをご検討されている方に少しでもお役に立てて頂けたらと思い簡単では有りますがお話します。

屋根の塗り替えの必要性。

屋根の塗り替えの必要性ですが、屋根は見た目以上に劣化が進んでいる事が有ります。特に太陽からの紫外線、雨風などを強く受ける部分でもあるため劣化が進んでいます。そして、屋根の劣化が進むと雨漏りに直結しやすくなります。営業で回っていると度々雨漏りを心配をされている方がいます。雨漏りをしてしまうと、原因追及も難しく、屋根を葺き替えしなくてはいけなくなる場合もあります。葺き替えは経済的にも安い工事では有りません。こまめに塗り替えることで屋根材、雨漏りを防いであげる事が大切です。

ポイント。

屋根を塗装してあげる事により防水性を高め雨漏りを防ぐことにもなります。ただ、屋根は非常にデリケートです。塗装した結果雨漏りが発生する?という事もありますので、しっかり納得してからの施工をお勧めします。

スレート屋根

スレート屋根とはメーカーによってはコロニアル・カラーベストと呼ばれています。同じものです。塗り替えの目安は10年から15年です。実際の塗り替えの目安は環境、立地によってずいぶん変わります。でも20年以上塗っていない家もたくさんあります。ですが、屋根にとっては良くありません。屋根材の寿命も永遠ではないため手入れをしてあげないと、表面の塗膜ではなくスレート屋根自体の劣化がひどくなり、塗装できなく葺き替えをしなくてはいけないケースも出てきますので注意してください。スレート屋根の注意点は縁切りです。スレート屋根には隙間が空いていることが必要です。隙間が空いていると雨漏りしてしまうような気もします。でも逆です。隙間があるから雨漏りを防ぐことが出来るのです。スレート屋根にはわざと隙間を作ります。塗装をすることで板と板の隙間を埋めてしまうことが良くないのです。雨水が入ってしまったときに、抜ける穴がなくなり、中で雨水をためてしまうと打ち付けている釘を錆びさせてしまいその周りから内部への雨水の侵入を手助けします。従来は職人が埋まった部分をカッターなどで切っていましたが、現在はタスペーサーという縁切り部材を使用することが増えています。インターネットで調べて頂ければすぐにわかります。縁切りをしない業者もいますのでしっかり話を聞くことが大切です。ひび割れをしている部分がある場合は、ひび割れを補修してから塗装していくことが大切です。

トタン屋根

トタン屋根は鉄で出来ているので錆びやすいです。錆が発生したら早めに塗り替えてあげる事をお勧めします。目安は10年位で塗り替える方が多いです。塗装前にはケレンをしてあげる事もお勧めです。ケレンとは剝れかけている塗装やさびなどをワイヤーブラシなどで落としてあげる作業です。そのまま塗ってあげるよりも塗料の密着、性能を保つことが出来ます。下地に錆止めの塗料を塗ることも忘れないでください。従来は薄いトタンの屋根が多く使われていましたが、今はガルバリウム鋼板という性能の良い屋根材が主流になってきています。耐久性も良く、錆にも強いものが有ります。

セメント瓦

セメント瓦には劣化が進むとコケが発生しやすくなります。コケが発生しだしたら塗り替えの目安です。瓦と思い塗り替えが必要がないと思われている方もいますが、塗り替えの必要のない瓦は和瓦です。セメント瓦には塗装が必要です。セメント瓦の塗り替えの目安は難しです。環境、立地によって変わってきます。一般的に見分けるのであれば、塗っている塗料の変色や色褪せコケが発生しているかどうかで見分けてあげると良いです。コケが発生するという事は、表面が劣化して雨水を吸っている状態になっているという事です。吸い続けると劣化が進むとという事につながるので注意してください。

営業をしていると、塗って間もないかな?と思っても、著しく色褪せを起こしていたり、剥がれてしまっている屋根も目にします。屋根を塗り替えると言っても、現状使用している屋根によって塗り方、材料など多種多様です。どのような屋根材を使用しているか、劣化の程度はどうかをしっかり理解したうえで工事に入るとが大切です。

また塗り替えればいいかと思えるほど、経済的にもコストの安い工事ではないと思います。しっかり考えて塗装して頂ければと思います。今回は屋根塗装についてお話させて頂きました。いざ塗装しようとお考えになられた時に、ふと悩んでしまったら一度相談して頂ければありがたく思います。

 

 

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop