外壁の塗装が必要な時期について

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > 外壁の塗装が必要な時期について
  こんにちはマストホームズ静岡の笹本です。
外壁の塗装が初めての場合は、特に塗装をしなければならない時期など分からないことだらけだと思います。季節を逃してしまい高額なリフォームが発生してしまったり、悪徳業者や訪問販売に引っかかってしまったりする場合もあります。タイミングを逃さず失敗しない為に今回は塗装されるタイミングの見分け方について書いていきたいと思います。              
 
  よく塗装屋さんに声をかけられる方で、実際のところ「外壁塗装はどのタイミングで行えばいいの…」などの見極めは難しいかと思います、よく言われるのは外壁塗装のいい時期、季節は3.4.5月(春頃)か9.10.11月(秋頃)と言われてはいます。しかし、お家の状況や家庭の状況によってもいい時期というのは変わってきてしまいます。例えば春や秋が良いと言う知識だけを持ってしまっていたりすると、悪徳業者や訪問販売にこの時期は…などとお家の状態は加味せずに付け込まれてしまうこともあります。                                                
 
  まず1番の大前提として塗装をしなければいけない時期は、「塗装をしなければならない症状」が出てるかどうかが重要になってきます。
 
主な基準として、
①塗装が必要な劣化の症状が出ていること
②築年数が10年以上たっていること
(お家の状態にもよります。)
 
①のお家の外壁の劣化症状は外壁を塗装するにあたって最重要なポイントになります。
お家の外壁には元々数ミリ程度の厚さの塗膜で守られている状態ではあるのですが、紫外線や雨風などの自然環境が発生させる刺激やダメージによって少しずつ削れたり劣化したりしています。
なので1度外壁を塗装したとしても一生保てる塗料が存在しない為にいずれかはメンテナンスが必要になってくることは頭に入れておかなければならないと思います。そのメンテナンスが必要な時期は何時になるのか?ここからはその時期の症状を説明していきたいと思います。                               
 
《変色》
  症状の1つとして、ツヤが無くなってきている状態、色あせや変色などがあります。
これは外壁の耐久性が落ちてきている状態で出てくる症状です。ここからの外壁は手前の数年と違い痛みが進むスピードは早くなってきてしまいますがこの症状は今すぐ何かをしなければならない状態では無いため一旦経過を観察してからでも大丈夫な状態ではあります。
初期に塗装されている塗料が耐久性の低いものの場合早い段階から症状が出る可能性があります。                                 
 
《汚れ》
  外壁は凹凸があるため雨水やチリ埃が溜まり汚れやすくなっています。汚れているからとすぐに外壁塗装が必要な訳ではありませんが、汚れをそのままにしておくとコケやカビなど生えやすくなり本来の耐久性よりも早く劣化が進んでしまいますので、こまめに洗浄するのがベターです。
ただ、注意点として高圧洗浄機などを使用してしまうと塗膜の剥がれる原因になる為刺激の弱い洗浄方法で綺麗にしてあげる方が良いです。                                 
 
《チョーキング》
  塗料の耐久性が失われて、塗料が粉状になってしまっている状態になります。この状態になると紫外線や雨水などを防げずにヒビ割れなどの劣化を引き起こす可能性が高くなっている状態です。
雨水も侵入しやすくなっていて、腐食やシロアリなど高額なリフォームが必要になる可能性があります。
出来るだけ早めの塗装が必要になります。                             
 
《コケ、カビ》
  外壁に汚れや水分が溜まることで、コケやカビが繁殖してしまいます。コケやカビは外壁に根を張ってしまい外壁の劣化を引き起こす原因となるのでこまめに取り除くか塗装を検討するべき状態です。                               
 
《ヒビ割れ》
  長年の紫外線・雨風の影響で、塗装の膜が徐々に削られていき薄くなっていくと、ヒビが入りやすくなります。ヒビ割れと一言でいっても、ヘアークラックと呼ばれる髪の毛ほどの薄いものから、構造クラックなどの大きなヒビまで様々ですが、どのヒビもいずれ大きくなり建物の雨漏りを引き起こす要因にもなるので、ヒビ割れが目立つ時期になったら、早めのメンテナンスが必要です。                              
 
《剥がれ》
  元々の外壁塗装が剥がれたりめくれたりしてしまっている場合は、外壁の防水効果がすでに切れていて、建物の防水性が無くなってしまっているため、早めに外壁塗装をすることがオススメです。
そのまま何もせず放置してしまうと、建物に重大な劣化を引き起こしてしまうう場合があり、本来かかることのなかった無駄なメンテナンス費用がかかる可能性が高くなります。
まずは信頼できる外壁塗装の業者を見つけて、入念に外壁の状態を診断してもらいましょう。                              
 
《膨れ》
  外壁には熱を吸収しやすい外壁としにくい外壁があります。その中で熱の吸収をしやすい外壁は、熱によって塗装の内側から水分の蒸発によって押し上げられて、プックリと膨れた状態になる場合があります。その他にも凸凹面だと塗装時に空気を含みやすい状態になるので、空気の影響で出来てしまったり、外壁塗装をするまえの高圧洗浄や下地処理で、旧塗膜をしっかりと落とせていない場合なども、旧塗膜内の水分の蒸発を招き膨れが発生します。
これらの症状は施工不良や手抜きが原因の場合が多いのですが、そのままにしておくと大きな剥がれが発生する可能性もあるため、業者などの方に診断して貰うことがおすすめです。
 
 
この他にもお家にはコーキングというゴムが入っています。こちらも紫外線などで劣化する素材となっていますのでこちらもお家のメンテナンス時期の目安に関わってきます。          
 
《ヒビ割れ》
  新築の場合などは、費用を抑えるために耐久性の弱いコーキングが使われることもあります。コーキングがダメになるとヒビ割れなどが起きて、ヒビの間から雨水が侵入してしまうので、外壁材自体の腐食に繋がります。
特にヒビ割れでコーキング材の奥に隠れている金属板などが見えてしまっている場合などは早めの工事が必要になります。                                  

《剥がれ》
  コーキングは外壁材と外壁材の間にある目地と呼ばれる部分に注入されていますが、それが剥がれているということは、シーリングと目地の部分の密着がされておらず隙間が空いている状態です。そのままだと目地の間から雨水が侵入し、外壁材だけでなく建物内部への雨水侵入も発生してしまうので、この場合も早めの工事が必要になります。           
 
以上のような痛みが出てきていた場合、塗装を考えていく時期、もしくはもうしなければならない時期になってきます。季節で決める事も悪い事では無いのですが、家の痛みと相談しながら考えていかれるのが良いかと思います。                     
 
0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop