外壁のメンテナンス

こんにちは。マストホームズ静岡富士支店の原田です。今回は外壁のメンテナンスについてお話させて頂こうと思います。

外壁材には定期的にメンテナンスをすることで外壁材を長持ちさせることが出来ます。また、メンテナンスにかかる費用を抑えることが出来ます。外壁をメンテナンスする際にいくつかのポイントがありますので外壁のメンテナンスを検討されている方に是非参考にいして頂けたらと思います。

ポイントとして、メンテナンスを検討していくべきサインです。業者が良く声を掛けてくるようになった。近隣の家が塗装をし始めたなど色々と考えていくタイミングがあると思います。外壁のメンテナンス時期は、新築から10年と言われることが良くあります。しかしあくまでも目安の時期になります。お家の外壁の素材、立地によって10年よりも短い年数でのメンテナンスが必要な場合もありますし、逆に10年以上先でも構わない外壁材もあります。まずは、自分のお家の外壁材がどのような素材なのか、現在使用されている塗料は何か、立地はどうなのかを把握してどのような劣化が起こっているかを確認してください。

まずは塗装は10年が目安と言われる理由についてです。外壁塗装に関わりのある塗料の耐久性・耐用年数によって関係してきます。新築時にどのような塗料を使用しているかによってメンテナンスの時期が変わってくるのです。新築時にフッ素や無機など効果の高い塗料を使用していればいいのですが、そうでなかった場合、一般的にアクリル・ウレタン・シリコンと言った塗料の系統が使用されています。新築時には建築費用に費用が掛かるため、外壁に使用する塗料の耐久性が低い塗料を使用することが有ります。そうなると、約10年前後で耐久性がなくなるため塗装の時期に繋がります。その為、外壁塗装10年と言った理由に結びつくことになります。建てられて10年が塗装の目安と言われている理由に、塗料の耐久性が大きく関わっていることがわかります。

 

次に、劣化に関してお伝えします。新築時から10年までに様々な劣化の症状が現れます。近々に対処しなくても大丈夫な物から見逃せない危険度の高いものまでいろいろ有ります。簡単にまとめてお話します。

まず初めに、新築時の外壁は艶があり綺麗ですが、毎日紫外線や雨風に晒されているので、次第に塗料の耐久度が減っていきます。耐久性が弱くなっていくことで塗装してある塗料の色褪せ(変色・退色)が起こります。

外壁塗料の耐久性が無くなってくると防水性が弱くなります。外壁を触ると手に塗料の色が付く。チョーキング現象という症状が出ます。防水性が弱くなっている為、雨水を弾かず吸ってしまいます。他っておくとひび割れなど外壁素材を直接傷める原因にもなります。

こけ・カビは外壁塗装の耐久性が弱くなることで細菌類が繁殖していきます。更に根をはったりをすることもあるため外壁材の傷みを加速させることがあるので注意してください。

外壁塗装の耐久性が弱くなり雨水を吸い続けてしまうと、ヘアークラック(細かいひび割れ)が起きます。更に雨水を吸い続けると、外壁自体に負荷がかかり耐えられなくなった部分からクラック(ひび割れ)が起きます。大きなクラックが入ると内部への泥水にもかかわる事になりますので気を付けてあげて下さい。

剥離。外壁塗装の耐久性が無くなり塗膜がポロポロと浮いて剥がれてくる劣化症状を言います。塗膜が剝れてしまうと素地が出てきます。外壁材は基本的に雨水を弾く特性がなく、塗料が防水材のはたらきをするため塗料が劣化すると雨水を吸い続けてしまいます。そうなると外壁材自体を劣化させることになり、メンテナンス費用も大きく変わりますので注意してください。

塗料の耐久性・耐用年数はあくまでも各メーカーが試験的に出した年数になります。外壁材の種類、使われている塗料、日光や雨風が当たりやすい、潮風に晒される、日陰など立地や環境によっても耐久性が異なります。その為、これらの劣化症状が全て当てはまるとは言えませんが、傷みが出てきたらメンテナンスを考えていくと良いと思います。

 

次に塗装をしないで放置してしまった場合どうなってしまうのか?という事についてです。

劣化状態によっても異なりますが、メンテナンスの費用が上がる場合もあります。例えばですが、外壁材自体にひび割れが入ってしまった場合、埋めてあげます。傷みがひどくなってしまうとモルタル壁の場合は左官工事、サイディングボードの場合は張替と余分に費用が掛かることもあります。また、内部に雨水をまわしてしまうこともありますので注意してください。

10年以上経過してメンテナンスをしなかったら何か不具合が急に起こるという事は考えにくい場合もありますが、場合によっては多くの費用を掛ける可能性もありますので早めにメンテナンスをしてあげる事により、少しでも負担を軽減できればと思います。

外壁塗装の必要性を感じる時とは人それぞれ違うと思います。10年が経過した。同時期に建てた家が塗装を始めた。劣化が見えてきた。業者が良く来るようになった。メーカーの点検で提案があったなど人それぞれタイミングが違います。必要性を感じていなくても、常に紫外線、雨風に打たれて塗装はダメージを受けています。外壁塗装をすることで、外壁素材や躯体、大切なお家を守ってあげる事をお勧めしたいと思います。

 

今回はお家のメンテナンスに関してのことを書かして頂きました。あくまでも可能性の話になるところは有りますが、長く付き合っていく大切なお家です。大きな劣化が出てしまい、後悔をしてしまう前に早めにメンテナンスをしてお家を守ってあげるために、是非参考にして頂ければと思います。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop