外壁塗装工事におけるトラブル事例と予防方法

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > 外壁塗装工事におけるトラブル事例と予防方法

こんにちは、マストホームズ静岡中村です。雨で現場が進まないとブログ更新率も上がってきます。塗装工事における疑問・情報をどんどんアップしていきたいと思います。さて今回は外壁塗装工事におけるトラブル例とそのトラブルを未然に防ぐ対処法をお伝えしていきたいと思います。皆さんも1度は聞いたことのあるようなトラブル。もちろんこのようなトラブルは無いに越したことはありません。しかし、塗装工事は皆様が頻繁に行う工事ではないと考えます。そして、しょうがないかで済ませられる金額でもありません。皆様がご納得して塗装工事が終えられるのに少しでも役立てて頂ければ幸いです。

さて今回外壁塗装におけるトラブルを4つにまとめてみました。1つめが近隣トラブル、2つ目が工事トラブル、3つ目が仕上がりトラブル、4つ目が金額トラブルになります。それぞれを説明していきたいと思います。

1、近隣トラブル

 まず外壁工事において1番注意しなければいけないのがご近所さんトラブルになります。外壁塗装工事では足場組みのスペースや音・臭い・洗浄時の洗濯物などご近所様のご協力が無いと工事が進めれないケース・ご近所様にご迷惑をおかけしてしまうケースが多々あります。そんな時にしっかりご近所さんに事前の説明があるかないかによりこのトラブルを未然に防げるかどうかが決まってきます。まずお隣さんとの敷地の境界線が狭い場合、越境と言って、お隣さんの土地を借りなければ足場を組んでいくのが難しいお家もあります。土地を少しでも借りる場合には当たり前ですが、事前の許可が必要になってきます。また足場を組む際には必ず足場屋さんのトラックがお家の前に停まります。ご近所さんの車の通行・出入りが邪魔にならないかの気配りも当然大切になります。そしてご近所さんとのベランダ位置が近い場合は、高圧洗浄を行った際にお洗濯物に水しぶきがかかってしまう恐れがある為、洗浄日のお伝えとお洗濯物の干す時間帯は相談が必要となります。外壁塗装を手塗りで行う場合はペンキがお洗濯物についてしまう事はまずありませんが、吹き付けで作業を行っていく場合は同様の注意が必要となります。また駐車場の位置によってもペンキが飛び散ってしまう可能性がある為、カーシートをかけたり、お車を移動させて頂いたりの対処が必要と言えるでしょう。このように外壁塗装工事を行うにあたって、ご近所さんに注意しなければいけない点というのは多々あります。中々施主様が全てを把握してご近所さんにお伝えするというのは難しいことですので、事前に施工業者の方でご近所さんへの説明とお願いでお伺いしなけらばいけません。弊社マストホームズ静岡でも必ず隣接されているお家、ご迷惑がかかってしまいそうなお家にはタオルとお手紙をもってご説明にあがらせて頂いています。

2、工事トラブル

 続いては工事トラブルになります。この工事トラブルとは施工中と施工後に分けることができます。よく聞く施工中のトラブルと致しましては、思ったよりも塗装工事が早く終わってしまった、しっかり施工をしてくれたのか?というご不安を持たれる方も少なくありません。それというのも塗装工事は基本外回りの事になりますので、お家の方が御在宅であっても職人が今どのような作業をしているのかは分かりにくいものですし、まして最近は共働きの家庭も沢山あるとおもいますので、工事の進捗状況やスピードも中々把握する事難しい工事になります。また職人も1人で作業を行う場合と複数で作業を行う場合で作業スピードはもちろん違ってきます。その為、毎日何の作業を行い、どこまで作業が進んだのかをしっかり報告してもらうと、少しは工事の進み具合等が分かりやすくなると思います。弊社マストホームズ静岡では職人が工事に入る前は必ず何の作業をしていくのかをご説明させて頂き、工事が終わった後は日報を提出して帰らせて頂きます。これにより、お家に御在宅の方はもちろんのこと、お家に御在宅でない方にも工事の進捗状況を把握して頂いています。

 続いて施工後のトラブルで言いますと10年程もつ塗料と聞いていたのに、2~3年で塗料が剥がれてきてしまったり、色褪せが起きてきてしまったというトラブルになります。そもそもこのペンキの剥離や色褪せの原因とは

 剥離の予想される原因

  • 高圧洗浄で汚れを取り切れなかった
  • 下地材の塗布が甘かった
  • 外壁と塗料の相性が良くなかった
  • 水がまわってしまっている

 色褪せが予想される原因

  • 使用前の塗料の攪拌不足
  • 規定の塗布量が守られていない
  • 塗り回数が少ない

などが上げられます。剥離の予想される原因の水が回ってしまっている以外は全て施工業者の施工不良にあたります。よく聞く悪い施工事例でペンキを薄めて使ったや塗り回数を減らして仕上げたなどはこういう原因になってします。もちろん、今こういう事をする業者さんはいないと信じたいですが、、こういうことが起こらないように作業内容が確認できる仕組みであったり、塗装工事が終わった後の保証がある施工業者で検討することがこのようなトラブルを防ぐ事が出来ます。

3、仕上がりトラブル

 仕上がりのトラブルとしてよく聞くのが、色のイメージ違いです。選んだ色よりも濃かった・薄かったのイメージの違いは皆さん結構持たれることがあると思います。かといって仕上がってしまった後に色のイメージが違うからといっても塗り直しを行う事は難しいと思います。そもそもこの色のイメージの違いが何故起きてしまうかというと、大体のお家が小さい塗料の見本板の中からお色を選んで施工していく流れで色が決定されているからだと思います。実は塗料の色は広げた時の色の見え方と小さいところで見る色の見え方では大分違いがあります。また、太陽の光が当たるところで見る見本板・当たらないところで見る見本板・お家の蛍光灯の下で見る見本板と言ったように見本板を見る場所によっても違う色に見えてきます。基本的に小さい塗料の見本の色よりも実際にお家に塗った時の色は薄く見えます。その為、個人的なおススメの色選びの方法と致しましては、塗料の小さい見本板でお色を決めるのではなく、少し大きめの板に実際の塗料を試し塗りを行い、色を決めていかれた方が、お色のイメージの違いは格段に抑えられると思います。また、広げた色見本でもイメージがつかない場合は実際にそのお色を塗った現場を見せてもらうなどして、なるべくご自分でご納得されてからお色決定した方が良いと思いまうす。1度塗装を行うと最低でも10年は塗り替えをご検討することは無いと思いますので、10年間色を変えれないわけですから、ご自分の納得する・イメージ通りのお色をおススメします。また近年ではカラーシミレーションや写真などでお色を決めていかれる方も少なくないかもしれませんが、カラーシミレーションや写真は、間にプリンターにより印刷がはさまれますので、実際のイメージと違う事もよくありますので注意が必要となります。弊社マストホームズ静岡では約50種類の標準色中からお施主様に候補を選んで頂き、その候補の色の試し塗りを行い、施主様に見本板をご確認して頂いています。そこでもイメージがつかないお家の方は、市内にある施工実績の中から近いお家の実際の色を見に行っていただきお色を選んで頂いています。これによりなるべく塗り終わった後に色のイメージが違ったという事がないように努めています。

4、費用トラブル

 最後のトラブルとしましては費用トラブル。もちろん最初の契約金額はもちろんの事ですが、工事途中に追加費用がかかってしまうのではないかという心配な方は多いと思います。まずはしっかり事前に業者さんにお家を点検してもらい追加費用がかかるかどうかの確認はしとくことがおススメになります。追加がかかるとしたら、どこの箇所が追加になり、おおよそいくらぐらいになりそうなのかは確認しておいた方が良いでしょう。そもそも塗装工事のご契約を行い、別の工事での追加費用ならまだ理由は分かりますが、塗装工事の追加費用はすこしおかしい感じもします。もちろん状況にもよりますが、塗装工事の契約時に業者さんがしっかりチェックしておかないといけないポイントだと感じます。ちなみに弊社マストホームズ静岡では外壁塗装工事のご契約時にご説明した工事内容内において追加金を一切頂かないというご説明をさせて頂いています。

このように塗装工事におけるトラブルは多々あります。もちろんトラブルが無い事はもちろんですが、起きないようにするための情報は知っておいていただいても損にはならないと思います。是非皆様の塗装工事をする際に役立てていただければ幸いです。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop