今週1週間の現場の動き

こんにちは、マストホームズ静岡の中村です。もう奄美大島では梅雨入りが発表されたとかされないとか、聞いています。春がようやく来たと思ったら、すぐ梅雨入り。あっという間ですね。ホントに早いです。さて、今回からテーマを現在着工している現場の事について少しづつ皆様にお伝えしていければと思いました!!皆様少しでも塗装の事・マストホームズ静岡の事してい頂ければ幸いです。

今週私の担当させて頂いてる現場は4件着工しています。進捗状況は各現場でそれぞれですが、どんな工事を弊社が行っているかご説明させて頂ければと思います。

1件目の現場8日に足場を組まさせて頂いた現場です。足場を組んでからすぐに、帯の中の木部が傷んでいる可能性があった為大工さんを呼び大工工事を行っていきました。案の定中の木が水に濡れ腐ってしまっていました。                                  

 

上記の様に帯を1回脱着し、木部の交換工事を行いました。

またここの現場はベランダの防水も傷んでいるかどうかをチェックするために、ベランダの床に敷き詰められていた石盤の撤去を行いました。このベランダの床の石盤はベランダの防水層を紫外線から守ってくれたり、ベランダに出ても床がそこまで熱くならなかったりと良い点もありますが、逆に水捌けが悪くなり、防水層が常に湿った状態になってしまったり、防水層が傷んでいるかどうかが石盤で隠れてしまい、傷みの発見が遅れてしまう可能性がある等の悪い点もあります。その為、弊社ではお施主様に石盤を処分するか、撤去するかのご判断をして頂いています。この現場は撤去するという形になりました。

   

これらの工事が終わってからバイオ洗浄・コーキング補修を行い、今週の工程はこちらで終了致しました。

 

 

続いての現場は今週でコーキング補修・外壁3工程・屋根4工程を終え全ての作業が終わった現場になります。

コーキングで縦目地サッシ廻りの他にも帯上といって帯の上にうたれているコーキングや破風や帯の板と板の間のコーキングもしっかりコーキング補修していきます。

外壁は腰下が柄の付いたタイル調のサイディングボードですのでクリヤーを2工程、他の部分を3工程で仕上げていきます。

 

屋根はアスファルトシングル材という少し特殊な屋根材ですがこちらは溶剤・弱溶剤の塗料を塗ってしまうと屋根材が溶けてしまいますので、水性の塗料しか塗ることが出来ませんので注意が必要です。

こちらの現場で最後FRP防水のトップコートを行い、清掃・仕上がり確認を行い、あとは足場の解体日まで待っている状況です。ベランダのトップコートもしっかり3工程で仕上げていきます。

 

続いての現場は屋根と破風塗装の現場で10日に足場を組んでいき、洗浄と縁切り部材の設置を行いました。スレートにおいて縁切りはとても重要な工事工程になります。この現場は前回違う塗装屋さんで塗装を施工しています。前回縁切りがされていなかった為、今回洗浄後に縁切りを行った際、切ったところから水が流れ出てきました。縁切りを行わないと雨がスレートに溜まってしまう恐れがあります。注意が必要です。

こんな形で現場の詳細をどんどんお伝えしていきたいと思います。皆さんよろしくお願いします。

 

 

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop