外壁のひび割れはどう処理するのがベストなのか??

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > 外壁のひび割れはどう処理するのがベストなのか??

 こんにちは、マストホームズ静岡です。新年度になり気分新たに過ごされている方もたくさん居られるだろうと思いますが、塗装にとっては適している季節になるので、例年この時期は塗装をされる方がより増えます。

 そこで今回はお家の外壁のひび割れに関する事をお話しさせて頂こうと思います。

 まずそもそもひび割れが発生してくる原因になりますが、まずは新築時にされていた外壁の塗装が経年劣化により弱くなり発生することが大きいです。特にサイディングボードのお家よりもモルタルのお家の方がひび割れが発生しやすいです。サイディングボードの場合はボードとボードの間やボードとサッシの間にシーリングと呼ばれるゴム材が緩衝材の役割を果たしてくれるのでボード自体はモルタルに比べるとひびは入りにくいです。一方でモルタルの場合はシーリングが入っていないので躯体の振動等を直接伝えてしまいます。一応、誘発目地という溝のような目地が入っていてそこにひび割れを誘発させるような仕組みになっているのですが、サッシ周辺や、コーナー部分は他の箇所に比べて比較的弱いのでどうしてもひびが入りやすいです。ですので、できればひびが入る前に塗装をしてほしいのですが、致し方なくひびが発生した後の塗装はこのひび割れの補修のやり方が大事になってきます。簡単にではありますが補修の方法を挙げてみます。

 代表的なものとして、Vカット工事です。ひび割れ(以降クラックと書きます)、クラックには大きく二種類ありまして、一つは、躯体にそれほど影響のない表面の割れであるヘアークラックと、壁の内部まで痛めてしまうおそれがある構造クラックとに分かれます。ヘアークラックの場合はシールや、フィーラーと呼ばれる下地材の擦り込みで大丈夫ですが、割れの幅や深さが大きい構造クラックの場合はVカット工事をしていくことになります。大きなクラックをシーリング材だけで処理するとクラックの深い部分まできっちりとシーリング材が充填出来ないので空洞が出来てしまいます。この空洞が出来るとクラックがすぐに出てきてしまいます。

 Vカットの工程の流れとしましては、

 1 クラックに沿ってサンダーで切り込みをいれていきます。Vの形にサンダーを入れていくのでVカットと呼ぶそうです。いったん溝を広げて空洞ができないようにするためです。

 2 専用のプライマーを塗っていき、シーリング材を充填します。ヘラでしっかりおさえた後に下地調整材でならしていきます。

 3 シーラーを塗った後、そのまま塗っていってしまうとVカットをした箇所としていない箇所で下地のパターンが違ってしまい見た目がきれいではないので、外壁の元々の塗料で吹き戻しを行いパターンを均一にしてから仕上げていきます。

 以上のような方法で補修してあげることによってよりしっかり雨漏れ対策もできますし、見た目もきれいな仕上がりになります(完全には戻りません)ので、多少手間もかかる分費用もかかりますが、工事後の満足度は高いと思います。

  最後にまとめになりますが、モルタル壁に関してはクラックが発生してしまっても補修することができます。しかし、費用も余分にかかってしまいますし、100%元に戻るわけではないですので、できればそういった痛みが出る前に塗装工事をされていくのが理想です。

 追記ですが、サイディングボードに関してはモルタル壁のようにVカット工事ができません。シーリング材やパテ補修で簡単な補修をしていくしかありません。それでも間に合わない場合は最悪ボードの張替え工事になるケースもあります。塗装工事は治療ではなく予防の工事になるので早め早めのお手入れでなるべく余分な費用をかけずにお家を大事にしてあげましょう。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop