コーキングとシーリングって違うの?

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > コーキングとシーリングって違うの?

どうもこんにちわ!マストホームズ静岡の小西です。一時期暖かくなったと思ったらまた寒くなってきましたね。雨も続く予報なので工事の進捗に遅れが出てきますのでやっかいです!でも雨の日はブログの作成が捗ります!ということで今回のテーマはコーキングとシーリングって何か違うの?というテーマで書いていきたいと思います。

なぜこのテーマを取り上げたかというと、先日も商談していた方に「コーキングとシーリングって違うの?会社によって呼び方が違うんだけど・・・ また人によってはシリコンとかゴムとかシールとかいう人がいるけど何かちがいはあるのかね?」というお言葉を頂きました。またいろいろ他社さんの見積書などを見ていてもコーキングと載せてある会社もあればシーリングと記載している会社もありあります。確かに私も商談している方やお客様から似たような質問をされることが多いように感じていました。お客様にこのシリコンはどーするの?とかこのゴムみたいなものなどと言われている方がいらっしゃいました。まあ塗装に詳しくない方ならそうなりますよね。

もう言ってしまいますが、コーキングとシーリングは同じことを指します!コーキングもシーリングも英語なのでわかりにくいですよね。コーキングを英和辞典で調べると「隙間に槙肌(まいはだ)を詰める、水漏れを防ぐ 槙肌(木の内皮を砕いて繊維状にしたもの) 舟や桶などの板の継ぎ目詰めに水漏れを防ぐ為に用いられる 目地に封をする」といった意味で使用していることがわかりました。隙間を埋めて水漏れを防ぐということですね!サイディングまたこれをうめる材料をコーキング材やシーリング材といいます。

外壁塗装工事ではコーキング、シーリング、シール工事は全て同じだと思っていただいて問題ありません。いろいろな呼び方があるのは塗装工事意外の業者でも使われるためにいろんな呼び名があります。コーキングの語源を辿ると「舟の板の継ぎ目に槙肌をつめて、ピッチ(黒色の樹脂)を流し込み、水漏れを防ぐ」となっています。造船由来の言葉だということがわかります。シーリングは王や領主などが信書などに添付した蝋や鉛などの印章や証印です。それらが封減としても使われたことから「封をする」という意味で使われるようになり、密閉や密封を指すようにもなりました。昔の造船を思い浮かべてください。蒸気船の頃です。この頃になると産業革命も進み、船体を造る人、蒸気船を造る人との分業が大分進みました。船体の水漏れと蒸気船の水蒸気漏れ、同じ水関係の漏れを防ぐ為の作業でも、船体はコーキングで、蒸気機関はシーリングでした。このような昔のなごりがお互いに残り、現在にいたっているのです。やがて外熱機関であった蒸気機関は内熱機関に移行していきます。同じ期間ですからシーリングという言葉が使われ、現在では自動車産業でも同じ言葉が使われているんです。

 

コーキングの話が出ましたので、マストホームズ静岡で推奨しているコーキング材を紹介したいと思います!!

コーキング材にもいろいろなメーカー多数のコーキング材が発売されています。ホームセンターでも多くのコーキング材が発売されているのでどれを選べばよいか分かりませんよね?一般の方は業者さんからおススメされればそれに従うしかないと思います。しかし、コーキングは家の雨じまいをしている本当に大事な箇所ですので、どんなものがあってどれがお勧めかを知っていたほうが良いと思うので紹介したいとお思います。

オート化学 イクシード

まず、これものすごく良いです。オート化学工業から発売されているイクシードというコーキング材です。現場で施工している職人さんからも評判は良いですし、年数経った現場での経過をみていても長持ちしているコーキング材です。

特徴① 繰り返しの動きに対して強い 切れない!

特徴② ずっとやわらかさが変わらない ずっとプニプニしてます。

特徴③ 紫外線などによるひび割れが少ない!

以上のような特徴があげられます。マストホームズ静岡ではこのイクシードをおススメしています!

次回はこのイクシードよりを細かく紹介していきたいと思います!

ありがとうございました!

 

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop