トタン外壁について

こんにちは!!マストホームズ静岡の小西です。今回トタン外壁について特徴やメンテナンス時期、実際の施工工程について書いていきたいと思います。最近、私のお客様の外壁がトタンのケースが多く、工事していると近所の方から、トタン壁はどういうメンテナンスをするのかという質問や、トタンは塗装ではなく交換するほうが良いのではないかという質問がありました。確かにトタン壁は立地条件や築年数によって傷みが大きく変わってきます。また、トタン外壁にも種類が多くありメンテナンス時期を大幅に先の年数にできるものも増えてきました。錆が出てきたら塗装したほうがいいのは皆さん分かっているとは思いますが、私からすると、錆が出てきてからでは遅いのです。

では、トタン外壁や屋根の特徴について書いていきたいと思います。

 

トタン外壁の特徴について

私の中では20年~30年前に建てられた和風の家に多く使われているイメージがあるのですが、実際にこのくらい年数が経っているお宅様の塗装工事をよく施工させていただきます。ただ、塗装で済む場合と、塗装では賄いきれずトタンを交換する場合が出てきます。

トタン壁とは、建材資材ともに「亜鉛メッキ鋼板」の壁材の事を指します。良いところとしては、耐熱性や防火性に優れているという点です。昔はトタン壁は、隣の家が火事になって飛び火しても火事になりにくいと言われていたそうです。なので、住宅が密集している住宅街にはよく使われたそうです。悪い点はトタンは簡単にいうと金属製なので、経年劣化によりトタン表面の防水が切れてくると錆が発生する点です。そのまま放置すると錆により穴が開いてしまいます。またひどくなるとトタン壁の下地が腐り欠損してしまう恐れもあります。なので、定期的にメンテナンスする必要があります。

 

トタン壁のメンテナンス時期

トタン外壁のメンテナンスは大きく分けると2パターンに分かれてきますが、1つは塗装でトタン壁を長持ちさせる方法と、2つ目は長い間放っておいてトタンを交換してしまう方法です。

塗装によるメンテナンス時期は、新築から6年から10年程度です。この年数の幅はトタン壁の状態によります。メンテナンスする時期の一つの目安は、トタン壁を手でこすり白いチョークのような粉が手についた時(チョーキング現象)です。この症状が出てくると塗装時期に入っていると言えます。この塗装を6年から10年おきに繰り返し塗装し、トタン壁をずっと長持ちさせる方法が塗装によるメンテナンスの方法です。ただチョーキング現象の時期を過ぎてくると、錆が出てきたり、カビやコケが発生したり、ひどくなると穴が開いたりしてきてしまいます。トタン壁に穴などが開いてしまうとトタン外壁自体を変えることになり、費用も大きくかかってしまいます。簡易的にアルミテープなどで穴を塞ぎその上から塗装することもできますが、見た目もいいものではありません。ですので、なるべくチョーキングが出てきた時に塗装を繰り返し行っていくのがトタン壁を長持ちさせる秘訣です。

それでは、塗装していく場合の工程を紹介していきたいと思います。

錆落とし

トタン外壁のメンテナンス工程で最も重要といわれている工程です。とにかくサビを落とす作業になります。表面にサビがでている場合は素地がしっかり露出するまでサビを落とします。これをケレン作業といい現場では約して「ケレン」と呼んでいます。またサビを落とす作業だけでなく、何も傷んでいないツルツルしたトタン外壁にあえて傷をつけ塗料との密着をよくする作業もケレン作業になります。やってみるとわかりますが、結構やりごたえがありましてサビの状況により変わってきますが、半日で終わるものから丸2日かかる作業まであり、これは本当に現状のサビの状況で大きくかわってきます。なので、サビが広い範囲にありに職人さんが何人で何日かかるかで施主様が払う金額も変わってきます。なかには、サビが酷すぎてケレンをしたら穴が開いてしまう場合もあるんですよ!まあ、こんなケースは稀ですがね。

このケレン作業を怠ると、塗装してもすぐに錆が発生し表面にでてきたり、塗装が剥がれたりしてきます。とにかくサビが原因で悪さを起こすわけですね。トタン塗装のトラブルでもこの下地処理による不具合が圧倒的に多いです。このサビをとにかく徹底的に落としましょう!特にご自分でケレンされる場合は大変だと思いますがここが最重工程になりますので、時間がかかっても徹底的にやりきりましょう!!

私たちがケレン作業を行う場合にはいろんな道具を使います。少し紹介させて頂きますが、まずはペーパーですね、簡単にいうと紙やすりですね。これにもナンバーがあって、目が粗いものから細かいものまであり、サビの状況により使い分けます。

次にサンダーです。これは機械で直径10センチくらいの平たい金属が高速で回っていてそれで削っていくわけですね。機会が削るわけですから疲れることもなく長時間使用し続けることができます。でもこれは手加減がとても難しく一般の方がサンダーを使って作業されるのはよしたほうがよいでしょうね。刃を当てすぎると切れますし、本当に手加減が難しいのでドンドン削れて穴を開けてしまうことが気を付けなければいけないことになりますね。あとは削った細かいカスが大量にでますので、吸い込まないようにするマスクなんかも必要になってきますし、とにかく粉まみれになります!

あとは、マジックロンといわれるもので見た目はタワシを四角く切ったようなものです。私たちはこれをよく使用しケレンしていきます。好きな形にも切れ作業性がとてもよいので愛用しています。他の職人さんも使っている方が多くいますし、ホームセンターでも取り扱っている店舗も多いので、一般の方も簡単に手に入れることができます。これはお薦めです!!

以上のような道具を使って錆を落とした次の工程はサビ止めを塗布していきます!

②サビ止め塗料塗布

ケレン作業でサビを撤去したら、次にサビ止めを塗布していきます。このサビ止め塗料にも種類がたくさんあり、ホームセンターなどにもいろいろな種類がおいてあります。私たちが主に使用しているサビ止め塗料は、日本ペイントのハイポンファインプライマーⅡという商品を使用しています。サビ止めというと赤錆色をイメージされる方が多いと思いますが、他にも、白・黒・グレー・ブルー・グリーン・チョコレートなどいろんな色があります。仕上げの上塗り材の類似色を使用し選んでいきます。ただ、私たちがよくご提案させて頂くのは、下地の色に合わせた色になります。例えば、もともとグレーのトタン外壁の場合は、サビ止めをグレーにし、仕上げ材の塗料もグレー系の色という感じですね。まあ、経験上トタン外壁を派手な色にされるかたはほとんど入らっしゃらないですね。

このサビ止めを塗る意味合いとしては、文字通りサビの発生を止めるという意味があります。もう少し細かく言うと、「金属の腐食を防ぎ表面に被膜を形成し、サビの原因である水や酸素を遮断・除去し、サビや腐食を防ぐ為」にこのサビ止めを塗装していきます。このサビ止めを塗装しないと本当にすぐにサビが出てきてしまいます。早いと1~2年程度でサビが出てきます。

塗料の成分としては、顔料(色)、樹脂、溶剤、添加物などで構成されていて、ここに防錆効果のある顔料を加えることでサビ止め効果を発揮させています。樹脂の分類ではエポキシ樹脂、油性系、フェノール樹脂、エッチングプライマー、合成樹脂系などがありますが、近年の主流はエポキシ樹脂系です。

③上塗り塗料を塗っていく

サビ止めまで塗布したら、最後に上塗り塗料を塗り仕上げていきます。これもまたいろいろと種類があり選定するのに大変だと思います。お勧めは弱溶剤のシリコン塗料です。私たちが扱う塗料としては、日本ペイントの「ファインSI」「ファインシリコンフレッシュ」「ファイン4Fセラミック」になります。これは全て弱溶剤の塗料になり、どのくらい持たせたいかによって選定する塗料が変わってきます。8~10年くらい持てばいい方は「ファインSI (シリコン樹脂)」で、13年くらい持たせたい方は「ファインシリコンフレッシュ(シリコン樹脂)」で、15年以上持たせたい方は「ファイン4Fセラミック(フッ素樹脂)」です。「ファイン4Fセラミック」に関してはシリコンではなく、フッ素樹脂になるので長持ちしてきます。ただトタン外壁にフッ素樹脂を選択される方は少ないですね。大体皆さん10年間隔でお手入れさせる方が多いですね。なぜかというと、トタン外壁の場合は多くの場合築20年~30年経っているお宅の改修工事がメインなので、家の造り上、外壁の他に小庇や破風(木製の板)、雨樋、窓枠の木部、軒裏の木部など、どうしても10年以内のサイクルでメンテナンスする箇所がが多くあります。なので、トタン外壁をフッ素などの高耐久性塗料を塗っても、他の部分とメンテナンスサイクルがずれてくるため、10年のサイクルのシリコン樹脂を選ばれるというわけですね。

この上塗り塗料の選定は②で説明した錆止めとの相性の善し悪しがあり、相性が良くないもの同士を合わせてしまうと早い段階での剥離などの不具合につながりますので、専門知識のある会社に相談することが必要不可欠になります。

 

張替によるメンテナンス方法

トタンを張替のメンテナンスは、20年近く放っておいてトタンの切り口が錆びてガタガタに形が変わってきたり、トタン同士の重なりが浮いてきたときに張り替えてしまう方法です。

ここでの工法も2パターンあり、今の外壁の上から上張りしていく上張り工法と、今の外壁を剥がしてしまい新しいトタンと張り替えてしまう工法です。

上張りはできればそんなに傷みの出ていない状態での施工をお薦めします。なぜかというと、傷みが進みトタンが波打って変形していたりするとうまく重ねることが出来ません。また今ある上にプラスで貼っていく為、重さも重くなり、家に対して負荷がこれまで以上にかかります。なので、平屋住宅は良いのですが2階建ての住宅向きではありません。

張替工事は、既存の外壁が傷み、新しい外壁とと交換する工事になります。メリットとしてはまずはなんといっても見栄えが見違えます!ほんと新築に立て直した感じになります。種類もたくさんあり、窯業系のサイディングなどの外壁は、見た目がオシャレにできているものが多く、タイル・レンガ調のものや、コンクリート調のものなど、柄の選択肢がものすごく多くあります。施工する時にコーキングを入れる為ゆくゆくのコーキング補修は必要になってきます。

また、最近新築などにつかわれるガルバリウム鋼板なども流行っています。ガルバリウム鋼板は丈夫なトタンといったイメージで、柄はなくシンプルな角折の金属外壁です。これはツートン色で施工されるのが流行りで、紺と白の組み合わせや、銀と白、黒と白などのモダンな色が多くみられます。仕上がりは個人的にも好きで、波トタンの外壁を角折のガルバリウム鋼板に交換し、しかもワンポイントにアクセント色を使う仕上がりがかっこいいと思っています!

デメリットとしては、まず費用がかかるといった点です。これは塗装や上張り施工と比べた場合で、単純に張替といっても下地からやり直さなくてはいけないケースもある為、既存のトタンを剥がして下地を見てみないと費用が出ない場合もあります。これは次の工程の部分でも書いていきたいと思います。

工程としては、まず既存の外壁を剥がします。次に、下地の木が傷んでいた場合はその補修が必要になってきます。またモルタル壁の上に新しく外壁を貼る場合などは胴縁といって、新たな壁を打ち付ける下地をつくらなくてないけません。このように古い壁を剥がした時に、年数が大分経っているお宅などは雨漏れによって木材が腐食していたり、白蟻に食われているケースなどありますので、その傷み具合によって補修費用が大きくかわってきます。これは外壁を剥いでみないとわからないことも多いので、あまり傷みすぎてしまう前の施工をお薦めします。この工事が終わった後に、希望された外壁を貼って仕上げていきます。

 

終わりに

今回はトタン外壁について書いていきましたが、いろいろな外壁についても取り上げていきたいと思います。今回のように、日々の仕事の中でのお客様とのちょっとした会話から聞こえてきた声を取り上げてブログに書いていきたいと思いますので、宜しくお願い致します!

 

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop