静岡市駿河区 寺田様邸 外壁塗装94万円 庇軒裏張り替え H29年2月12日更新

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > 施工実績 > 静岡市駿河区 寺田様邸 外壁塗装94万円 庇軒裏張り替え H29年2月12日更新

地域

静岡市駿河区曲金

工事内容

外壁塗装 小庇軒裏張り替え

使用塗料

外壁:水性シリコンセラUV(シリコン系塗料)

築年数

築34年

工期

約2週間

費用

94万円

前回塗装が10年以上前ということで、塗膜の劣化やコーキングが大分傷んでいました。

  • 施工前の外壁状態です。

  • 小庇の軒裏ベニヤが剝れていました。

  • 施工前のコーキング状態です。

  • 雨戸も経年劣化により変色しています。

  • 玄関庇の木部も傷んでいました。

  • 外壁自体が割れていました。

  • 全体写真です。

こちらのお宅様は、前回塗装が10年以上も前の施工で全体的に劣化がみられました。特に気になったのが外壁自体が割れている箇所です。ヒビの幅も大きく放っておくと下地まで傷めてしまう為、施主様に声をかけさせていただきました。

コーキングも全体的に経年劣化で割れていたので、打ち替えるご提案をさせていただきました。

施主様は外壁のひび割れも気にされていましたが、小庇軒裏のベニヤが剝れていることを気にされていました。

 

コーキングの傷みがひどく、新しいコーキングに打ち替えました。

  • 古いコーキングをカッターで取り除きます。

  • コーキングと外壁を密着させるためプライマーを塗布します。

  • コーキング材を充填します。この時使用するコーキング材も耐久性の良い変成シリコンを使用しました。

  • ヘラで押さえ込みます。

  • 養生テープを剥がしコーキング完了です。

  • 木製の玄関ドア塗装です。塗装前に前回の剝れた塗膜をケレン作業にて削り落とします。

  • 仕上げ材の一回目を塗布します。

  • 二回目の仕上げ材塗布していきます。

コーキングの打ち替え作業やひび割れ補修に大分時間がかかりました。一部外壁が反り返っている箇所がありましたが、タッピング(ネジを打ち込み、外壁材を平らに戻す工事)をして補修しました。

外壁はまず、バイオ洗浄にてコケやカビを根こそぎ洗い流し、更に高圧洗浄にて洗浄しました。コーキング打ち替えやひび割れ補修など下地の補修が終わってから、外壁塗装に入っていきます。まずは下地調整材(パーフェクトサーフ)を塗布し、その後乾燥を待ち中塗り(水性シリコンセラUV)、上塗り(水性シリコンセラUV)を塗布しました。外壁色は屋根の茶系に合わせ、薄いアイボリー色を選択しました。

施主様も満足してもらえる仕上がりとなりました!!

  • 玄関上の木部も綺麗に仕上がりました。

  • 玄関ドアです。

  • 雨戸もこげ茶で塗装し締りました。

  • 軒裏を張り替えました。木目調ものを選択しました。

  • 外壁自体が割れていた箇所ですが、割れ目が目立たず仕上がりました。

  • 全体写真です。

アイボリー色を採用したこともあり、家全体が明るくなり施主様に喜んでいただきました!足場を組んだ関係で、施主様の駐車スペースが埋まってしまいましたが、ご近所様の協力もあり無事に工事を終えることができました。

今回の外壁塗料は施主様が10年もてばいいとの事で水性シリコンセラUVをご提案させていただきました。塗料選定は各々のお宅によって異なりますので、工事前にアドバイザーと綿密な打ち合わせをし、納得したうえで施工することをお勧めします。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop