駿河区Y様邸リフォーム工事のご紹介です。

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > 駿河区Y様邸リフォーム工事のご紹介です。

今回は、駿河区にあるY様のお宅の大掛かりなリフォーム工事をご紹介していきたいと思います。工事を行うことになったいきさつは、以前に塗装工事をさせていただいたお宅様からのご紹介になります。紹介元のお客様の工事は外壁屋根塗装とエクステリアの工事でした。紹介元のお客様はマストホームズ静岡は塗装しかやらないと思っていたそうですが、いろいろな工事が出来ることを伝え、実際にベランダにテラスをつけたりカーポートを取り付けさせていただいたりしました。そして、工事を気に入っていただきご紹介していただくことになりました。

紹介元のお客様の家で施工させて頂いた写真です。

まずベランダのテラス工事です。

左の写真が施工前ですが、ベランダは奥様の気に入りの場所で、時間があるときにはお茶を飲みながら読書をされるそうです、その巣ペースを更に有効活用しようということで、窓付きのテラスをとりつけました、右の写真が完成した写真になります。奥様にもとても気に入っていただけました。

 

次にサイクルポートの新設です。

  

左の写真が施工前になります。右の写真はサイクルポートの取付後の写真になります。

最後は外壁塗装工事の写真です。

仕上がりはツートン仕様になりました。とても良い仕上がりとなり、施主様にも喜んでいただけました!

 

このような工事をさせていただいた時に、お客様から「実家のリフォームも考えているんだけど、トイレ交換とかキッチン交換はできるの?」と聞かれました。やはり塗装工事をメインにやっていますし、ホームページやチラシをみても、塗装のことしか書いていないので、塗装しかやらないと思われていてもしょうがありませんよね。私たちもここのイメージをちょっとづつ変えていければと思っております!!また、お客様も建てた工務店や知り合いさんなどの業者がいないと、どこに頼んだらよいかがわからないといった声もよく聞きますので、そんな時はマストホームズ静岡にお任せ下さい!

こんなやり取りから、ご紹介していただき、ご実家のお宅も大掛かりな工事をさせて頂く事になりました。

 

では、ご紹介して頂いたY様の工事を紹介していきたいと思います。

まずは、内装工事から照会していきます。

①トイレ交換

築30年近く経つお宅様で、過去にトイレ交換したことはなかったそうです。タイルとモルタル壁の内壁でしたが、塗装とクロスで仕上げていきました。床もクッションフロアで交換し、内壁の色も白で統一し、清潔感のある出来栄えとなりました。トイレはリクシルのトイレを選定しました。

施工前の写真です。トイレに不具合などはありませんでしたが、年数も経つので節水トイレに交換しました。胸までの高さがタイルになっており、その上はモルタル壁になっていました。

便器を取り外し、壁内についている付帯も取り外していきます。またトイレの芯の位置も変更しました。

内側のタイルを解体していきました。タイルを斫ていきましたが、意外とすんなり撤去することができました。

再度復旧していきます。壁はクロス仕上げ、床はクッションフロアで仕上げていくので、下地をつくっていきます。

トイレはリクシルの節水タイプのものを選定していきました。見た目もスタイリッシュな形となり施主様にも気に入っていただきました。壁もクロスで仕上げ、モルタル部分は塗装で仕上げていきました。

トイレ工事はこれで完成です。

 

②洗面台交換

次は洗面台の交換について紹介していきたいと思います。洗面台に関しても今まで交換はしたことがなかったそうです。天井以外には全て手を入れていきました。床はクッションフロアで張り替え、壁はクロスにしていきました。洗面所も白を基調とした清潔感のある仕上げとなりました。

施工前の写真です。

物を撤去している最中です。

洗面台を撤去し水栓の位置を変更しました。これは洗面台によって水栓の位置が変更になるため、新しくつける洗面台に合わせて位置を移動していきます。

壁にクロスを貼っていきました。色はホワイト系を選んでいきました。床にはクッションフロアを施工していきました。柄は石目調のものを合わせていきました。写真で見てもものすごく明るくなりましたよね。

最後に新しい洗面化粧台をとりつけ完成しました。大分明るくなりましたね!

 

③システムキッチン交換

次に紹介しますのは、キッチン交換です。キッチン交換の目安は20年~25年くらいで行う方が多いように思います。使用頻度や手入れ具合によって大きく左右されます。Y様は日々手入れをされていたそうで、30年経ったとは思えないような良い状態でした。

今まで使ってこられたキッチンの扉は観音開きのものでしたが、今回新しくしていくく扉は引出しタイプのものになります。最近はこのタイプが主流で、奥まで物がはいり、しかも簡単に奥のものを取り出せます。また今のシステムキッチンは、シンクやガスコンロの位置を自分の好みに変更出来たり、自分の身長にあった高さに台の高さを選べるので、自分にピッタリくるキッチンを造ることができます。

施工前の写真です。窓の形やその窓枠に合わせて加工していきます。

既存のキッチンの解体工事です。壁のステンレスの壁も撤去していきました。その部分はクロスで仕上げていきます。

既存キッチンの撤去後になります。洗面台と同様に水道とガスの位置を変更していきます。

クロスやクッションフロアの施工した後に新しいキッチンを取り付けていきます。窓枠のパネルなどは細かくカットしはめ込んでいきます。職人技が光るところです。ガスコンロも三口にして、魚を焼くグリルも水なしタイプです。

キッチン交換完成しました。もともとあった壁面のステンレス壁もクロスになり、キッチンも白の為ものすごく明るいイメージとなりました。施主様もパッと見ただけでものすごく変わったねと言われていました。

 

④リビングダイニングのクロス交換とクッションフロアの張り替え

リビングとダイニングのクロスや床を張り替えるときに大変なのが、家具の移動や、住んでいる方の居住スペースの確保です。家具の移動や、住んでいる方に出来る限りご迷惑をかけないように施工しますが、正直この部分に関してはかなりご迷惑をおかけしてしまいます。

施工前のリビングとダイニングの状態です。クロスは状態は日の当たる部分に関しては若干色褪せがみられました。床に関してはところどころフカフカ浮いている個所がありました。床の浮いている部分に関しては、一度床をめくって大工工事で補修しクッションフロアを貼っていきましたそうすることで床のフカフカした部分を直していきました。

クロスを貼がし隙間にパテを埋めて下地を調整していきます。この作業を怠るとクロスがきれいに貼ることができません。天井はコンパネを貼り下地をつくっていきました。

天井のコンパネのジョイント部分にもパテ埋めをしていきます。

クロスとクッションフロアの完成です。大分雰囲気が変わりました。施主様にも確認していただき満足していただけたようです。

 

⑤襖の張り替え

襖の張り替えは大体15年~20年に一度くらいの間隔で行うことが多いです。年数が経つとどうしても焼けてきてしまい、茶色っぽく変色しているケースが多いです。今回は柄物ではなくシンプルな白のクロスで仕上げていきました。

張替前の状態です。柄付きの襖です。

襖完成です。ここも白色で統一しました。部屋の明るさや雰囲気が大分かわりました。

 

今回Y様のお宅のリフォーム工事を紹介させて頂きました。マスホームズ静岡では家をたてること以外何でもリフォームすることが出来ますので何でも言ってくださいね。最近は年末が近いという事で、大掃除のついでに網戸の張り替えや障子の張り替えの依頼が増えてきています!!網戸は一枚2000円から承っておりますので是非ご依頼くださいませ!!また次回もこのような工事を紹介していきますので、よろしくお願いいたします。ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop