雨漏れの徹底解明!!!

皆 さ ん こ ん に ち は。(株)マストホームズ静岡中村です。今年も一年大変お世話になりました。早いもので、もう年末です。それにしても今年は凄く暖かいです。作業等も寒く無くてとてもしやすく助かっています。さて今回のテーマはずばり、   『雨漏り』     についてお話しさせて頂きたいと思います。極端なお話し、皆様が塗装される一番の目的はこの雨漏れがしてこないためだと思います。この雨漏れは結構厄介なもので基本的に雨漏れが始まるとどこから雨漏れがしているのかがわかり難いです。その為雨漏れに関して皆様に少しでもしっていただければ幸いです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

まず雨漏れがしてきた場合、お家を建ててすぐに雨漏れがしてきているのか、築10年ほどたってから雨漏れがしてきているのかが凄く重要になります。当たり前のお話しですが、建ててすぐの場合は施工不良の可能性が高く、建てた工務店等に相談された方が良いでしょう。お家を建てて10年以上の場合ですと、屋根材や外壁材とうの経年劣化が予想されますので、補修の必要性があります。屋根材や外壁材以外にもコーキングというゴム材が劣化している可能性もありますので、資格・経験のある診断士による現場調査が必要になります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

次に実際に雨漏れがどこからしているのかがとても重要になります。主に雨漏れしてくる可能性が高い箇所が全部で4か所あります。そのそれぞれが『屋根』『屋上・ベランダ』『外壁』『サッシ廻り』になります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

まず屋根が原因での雨漏れというのは、皆様も雨漏れというと屋根のイメージがあるかもしれませんが、実はシンプルな屋根形状(切妻)や屋根材からの雨漏れという事はほとんど現場ではありません。なぜなら例え屋根材が劣化したとしても、屋根材の下にはルーフィングや野地板等があり、雨漏れがしてきにくい構造になっています。では屋根から雨漏れがしてきてしまう現場というのは、まず屋根が複雑な形状のお家になります。形状が複雑なお家というのは寄棟や下屋があるお家になります。複雑な形状のお家にはシンプルな形状の屋根のお家と比べると、『谷部分』『棟違い部分』『壁どまり部分』といった屋根と屋根の結合部分や壁と屋根の結合部分が存在します。実は屋根からの雨漏れの場合で一番雨漏れの可能性が高い箇所がこのような結合部分からになります。その為、屋根の形状が複雑なお家は屋根からの雨漏れに注意が必要となります。この形状がシンプルか複雑かが分からない方は弊社社員にお申し付け頂ければ調査させて頂きます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

続いて屋上やベランダからの雨漏れですが、屋上がある住宅の方やベランダのある住宅の方は屋上やベランダの床からの雨漏れの可能性がありますので注意が必要です。このベランダや屋上の床の防水も防水層や何回も塗装がされているものがほとんどですが、太陽の紫外線でこの防水層やコーナーのコーキングが劣化してきてしまうと雨漏れに繋がってしまいます。その為、ベランダや屋上の床にヒビがないかは細目にチェックを行った方がいいと思われます。また、補修の仕方も今使われている防水の種類によりますので、現場調査が必要となります。ほとんどの住宅で使用されているのが、シート防水かFRP防水という2種類です。詳しくは弊社ブログの防水種類を御覧ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

次に外壁が原因での雨漏れとは、主にコーキング部分になります。お家の外壁は外壁材と窓や屋根の取り合いに必ずコーキングが打たれています。このコーキングが劣化して割れてきてしまうと、雨漏れに繋がりやすいと言われています。もちろん外壁材の下にも防水紙などが張られていて、雨水を排水してくれる構造になっていますが、何かの原因で雨水が室内に入ってきてしまう可能性もありますので、コーキングの割れにはとても注意が必要となります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

最後にサッシ廻りからくる雨漏れというのが、ほぼ上記の外壁の雨漏れと同じですが、窓枠周りやシャッターボックス廻りや霧避け周りにコーキング材が打たれています。コーキング材の下側にも防水紙が張られていて、それをテープで止めてありますので、この防水紙やテープが正常に機能していないと、コーキングの劣化から雨漏れの原因になってしまう為注意が必要いです。この窓枠回りは施工不良や経年劣化による雨漏れが1番多い箇所になります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

実際雨漏れは気づかずに放置してしまうと、躯体を傷つけてしまう恐れもありますので早期発見と早急な補修が必要となります。中の躯体が傷んでしまってから雨漏れがしてくるケースもありますので、築10年で足場を立てて外壁塗装を行う事はこの雨漏れの予防にも繋がります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

それでは実際雨漏れがしてきてしまった場合どういう対処が必要になってくるかと言いますと、まずどこから雨漏れがしているのかを探らなければいけません。実は雨漏れの一番大変な所はここになります。逆にいうとどこから雨漏れがしているかが分かれば、80%は工事が終わったも同然です。その為外壁塗装工事をしたからといって100%雨漏れが止まるわけではありません。雨漏れ箇所を見つけるためには、足場が必要な場合は足場を組んで、雨漏れの可能性がありそうなところに水をかけていきます。水をかけて雨漏れがしているかを探していきます。その他にもサーモグラフィで撮影を行い、どこに水分が溜まっているのかを予測する方法もあります。ただ、サーモグラフィはあくまでも予測になってしまう為、水をかけてどこにかけた時に雨漏れがしてくるのかが確実な方法と考えます。

 

このように雨漏れに関して言うと、普段あまり見ない箇所や見えない箇所から雨漏れしてくるケースがとても多いです。雨漏れがしてくるころには躯体が劣化してしまうケースもありますので、10年~15年での定期的なメンテナンスを弊社ではオススメさせて頂いています。お家の事で何か疑問点ありましたら、マストホームズ静岡まで何でも連絡下さい。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop