吹き付け、手塗り塗装

 

  こんにちは、マストホームズ静岡の笹本です。外壁塗装をしようと考えたときに、塗装をする際の塗り方にも種類があります。主に「吹き付け」や「手塗り」など2種類の方法があり、それぞれメリット、デメリットがあります。この種類を把握しておくことで塗装の仕上がりをイメージしやすくなるかと思いますので、今回は塗装の種類について書いていきたいと思います。

                                                                                                   「吹き付け工法」

 吹き付け工法はスプレーガンと呼ばれる道具を使用して塗料を霧状にして外壁に吹き付ける方法です。スプレーガンの専用容器に入れた塗料を外壁に噴出させて塗布していきます。吹き付けていく塗料によって専用のスプレーガンがあります。

スプレーガンには噴出方法によって、圧縮した空気を使って塗料を微粒子化して噴射させていく「重力式エアスプレーガン」「汲上式エアスプレーガン」「圧送式エアスプレーガン」と塗料自体に圧力をかけて小さな噴射口から飛ばし微粒子化していく「エアレススプレーガン」に種別できます。エアレススプレーガンは電動式と駆動式のタイプがあります。

                                                                                             「吹き付け工法のメリット」

 吹き付け工法の一番のメリットは、複雑な模様や重厚感のある雰囲気や凹凸などの立体感など多用な仕上がりを出していけるところです。また、塗膜の品質を均一にできて多くの膜厚をつけやすい工法になるので仕上がりが綺麗に仕上がるところもメリットと言えます。その他にも補修痕がわかりずらく重厚感も長く保てます。最後に広範囲の塗装を短時間で効率よく施工していくことができ工事費を抑えることに繋がります。

                                                                                             「吹き付け工法のデメリット」

 吹き付け工法の一番のデメリットは無駄な塗料の量が非常に多いところになります。スプレーガンから噴射される塗料は飛び散りが多く塗膜を確保するために必要な塗料の量は手塗りと比べてかなり多くなってしまいます。また飛び散る量が多くなることで養生に時間と手間がかかってきます。もちろん手塗りでも養生は必要ですが、周辺の木や建物、車や自転車など手塗りに比べてよりしっかりとした養生を施す必要性があります。最後に吹き付け塗装自体のデメリットではありませんが塗装をしていく職人の技術によって差が大きく出てきてしまうこともデメリットと言えるかと思います。

                            「手塗り(ローラー)」

 手塗りの塗装は一般的に塗装を行う際にスプレーなどの機械を使わずにローラーを使用して塗り上げていく事を手塗り塗装と言います。近年では、吹き付けで施工すると近隣の家や車に塗料が飛散してトラブルになることも少なくない為、一般的なお家の塗り替えでは手塗りで塗装されていることが殆どです。ローラーは施工ごとに新しいローラーを専用の棒に装着して使います。このローラーには、塗料の含みが良く広く塗れて作業性が高い「長毛」と、長毛と短毛の両方の特徴を持つ「中毛」、きめ細かい仕上げが可能で窓枠などの狭い箇所の塗装が出来る「短毛」の3つがあります。手塗りでの塗装ではハケを使って塗装もします。ハケでの塗装の仕上がりはとても綺麗です。極論細かい部分だけでなく外壁全面をハケで塗装する方がベストではありますが、時間がかかりすぎてしまいますので基本はローラーで塗装していき細かい面と仕上げをハケで塗装していくのが一般的です。ただ可動部分があるシャッターの塗装などは厚く塗ってしまうとシャッターが閉まらなくなってしまうのでハケで全て塗装したりもします。

                           「手塗り塗装のメリット」

 ローラでの塗装の一番のメリットは、塗料の飛散が少ないことです。また飛散が少ない為使用する塗料も無駄がなく、養生も手間が少なくなります。その他にも高い場所でも塗装が安全に行う事が可能であったり、塗料の密着性も高くなります。吹き付けの塗装と比べると厚く塗れて塗料の性能がしっかり引き出せます。

                            「手塗り塗装のデメリット」

 手塗りでの塗装のデメリットは、吹付工法に比べると複雑な模様や立体感が出せない為仕上がり方に個性が無い部分はデメリットとなります。その他に、ローラーが入らない狭い部分などは塗ることが出来ず、吹付塗装と比べると塗装に時間がかかります。施工業者により変わってきますが安いローラーを使用するとローラーの毛が外壁に付いてしまうこともデメリットと言えると思います。

_吹き付け塗装の特徴_

「吹き付け塗装の長所」
・施工が手塗り塗装と比べて早く工期が短く終われる。
・仕上げの模様が豊富なため複雑な模様にも仕上げることが可能。
・仕上げにゴミなどつきずらくきれいに仕上がる。(職人の技量により変わってくる)
「吹き付け塗装の短所」
・ローラーでの塗装よりも塗料が飛散してしまうためしっかりとした養生が必要になり、ご近所とトラブルが起きやすい。
・塗料の飛散が多いため、使用量の半分程度しか塗料が外壁に付着せず無駄になってしまう塗料が多い。
・外壁自体に凹凸が多い場合には、凹部に塗料が行き渡りにくいので塗膜が薄くなり不向きな部分がある。

_ローラー塗装の特徴_
「ローラー塗装の長所」
・塗料の飛散が非常に少ないため、塗料の無駄が少なくなるので高所での塗装にも安心。
・ローラーでの塗装になるので塗り重ねることにより簡単に厚塗りが可能。
・外壁に凹凸が多い場合でも、毛足の長いローラーを用いることで対応することが可能。
「ローラー塗装の短所」
・吹き付け塗装よりも全面にローラーを転がしていくために施工に時間が掛かる。
・吹き付け塗装に比べると、単調になり仕上げの模様が少なく複雑にデザインには向かない。

 

                       「手塗り塗装と吹き付け塗装はどちらがいいのか?」

 ここまで吹き付けの塗装と手塗りの塗装に関して読んだ方はいったいどちらの施工方法のが良いのか?と疑問に思う方が多いかと思います。答えから言うと手塗りと吹き付けでどちかが良くてどちらかが悪いという事はありません。例えば一般的な住宅では手塗りのがメリットがあるかと思います。塗装の品質という見方をするのならば、一般住宅も吹き付けで全く問題はありませんが、いくら周りのお家や車など養生をしたとしても、風が強い場合などかなり遠くまで飛んでしまうこともあるのでこの場合吹き付け塗装だとデメリットが大きいからです。このような吹き付けでのデメリットは塗り替えをする場合どうしてもでてきてしまい、現在は手塗りでの施工が殆どですが、施工にかかる日数が少なく多様な模様がつけられる吹き付けでの塗装を希望する方も多いと思います。ただ、吹き付けで塗装をする場合は、塗料代が高くなることや周りのお家に臭いや騒音、塗料の飛散などいろいろと配慮が必要になりますので、ご近所の方によく相談して施工していくといいと思います。

 

 

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop