駿河区で施工させていただいた工事のご紹介です。

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > 駿河区で施工させていただいた工事のご紹介です。

こんにちは!マストホームズ静岡の小西です。台風シーズンも終わり外壁工事は順調に進んでおります。内装工事は雨が全く関係ないので、順調に進んでおります。

今回ご紹介させて頂く工事ですが、駿河区のT様の改修工事になります。工事の内容としては、外壁塗装工事に屋根の塗装工事。浴室のドアの交換工事に、浴槽の交換工事になります。外壁や屋根の塗装は良く紹介させていただきますが、他の中の工事は今回が初めてだと思いますので、ご紹介させて頂きたいと思います。

浴室のドアや浴槽も単体で交換することは可能です。たまに、一部交換するのに浴室ごとまるまる交換しなくてはいけないと思っている方もいらっしゃいますがそんなことはありません。そんな方には是非ご覧になっていただきたいと思います。

ただやはり、そこの説明に行く前に外壁と屋根の塗装の工事をさせてください!

今回ご契約いただいたT様ですが、ご近所の弊社で工事をしていた現場をご覧になって、ホームページよりご連絡をいただいたそうです。お話を伺ったところ、会社も近かったので頼みやすかったとおっしゃってました。また担当者も感じの良い雰囲気だったので頼んでしまったんじゃないかと冗談半分におっしゃってました。それでも私は嬉しかったです!ありがとうございます!

次に塗料の選定ですが、数ある塗料の中からおススメさせていただいたのは、日本ペイントファインシリコンフレッシュです。なぜこの塗料になったかというと、施主様が15年はもたなくていいけど10年以上はもたせたいなと言われていましたので、この塗料のおススメさせていただきました。この塗料は、実際に10年以上経った現場をみてもすごくきれいで、立地条件も良いのにその現場は色褪せも全然みられませんでした。そんなすばらしい塗料なのでおススメさせていただくことは本当に多いです。

そんなファインシリコンフレッシュですが、簡単にご紹介させていただくと、まず、塗装後の外壁に汚れが付きにくいという特徴があります。この性能は最近どの塗料にも取り入れられていますが、雨と一緒に汚れが流れる仕組みになっています。ただ、家の構造などの問題でサッシ廻りなどの水の通り道にはゆくゆくどうしても汚れはついてきてしまいます。ただ昔の塗料に比べると大分よくなっています。

次に、抜群の作業性になります。この辺はお客様はそんなに気にならないところかと思いますが、現場の職人や仕上がりには大分重要な部分なんです!職人さんに自分の家をなんで塗るかといったらこの塗料という職人さん多いです!!!

次は、防かび・防藻性になります。この特徴は時のままですが、カビや藻が付き肉という特徴になります。多少の絵やカビであればつきにくくなることもありますが、近くに田んぼや用水路のあるお宅様には、残念ながらあまり効果はみられません。なので、この塗料の塗るからまったくコケカビが付かなくなるということではありませんのでその辺はご承知上選定してください。ただ、この防カビ・防藻性に関しては、他の塗料メーカーのものでも私が知っている限りでは、効果が本当にみられる塗料とは出会っていません。

次に浸透性です。この特徴は、水蒸気の透過性にすぐれていて、塗装をおこなったさいに表面に空気を閉じ込めない特徴があるんです。この特徴により剥離や膨れを起こしづらくなります。ここもあまりお客様には興味のないことだとは思いますが、先程も言いましたが、作業する職人や綺麗な仕上がりを求めると大事な部分になってきます。

 

外壁の施工前の状態です。

全景写真です。築35年以上経つそうで、外壁には色褪せや膨れが見られました。外壁だけでなく雨戸や破風板なども経年劣化で傷んでいました。

外壁の膨れの写真です。外壁の防水が切れ、雨水を吸収するとこのような状態になります。理想はこのよう状態にう前の塗装がおススメです。

雨戸の写真です。冊子はアルミなので塗装できませんが、中の波々した部分は鉄板なので塗装しないと錆などが出てきてしまうので塗装は必要になります。

小庇(霧除け)の写真になります。天板の鉄部には錆がでていました。また木枠の木も腐食していました。この木も放っておきすぎるの大工工事が必要になり金額もかかってしまうので、御手入れが必要になります。

小庇上の天板です。錆は出ていませんでしたが、大分白っぽく粉をふいており塗装が必要な状態でした。

屋根の状態です。スレート瓦になりますが、前回塗装してから何年も経っているので当時の塗膜は大分取れてしまっています。屋根に登って下見をしましたが、踏んだら割れそうな個所もありました。検査し、葺き替え工事などの必要はありませんでしたが、早めの御手入れが必要な状態でした。

この状態を確認し、通常3回塗りですが、4回塗りをおススメさせて頂きました。

4回塗りとは・・ マストホームズ静岡でおススメしている工程で、簡単にいうとまず、傷んだスレート瓦を復活させるために、強力なファイン造膜シーラーという下地強化剤を塗っていきます。これがとても強力で傷んだスレート瓦に浸み込んでいき、あらたな膜を形成していくのです。じわーっと浸み込んでいきます。それで、尚且つこの下地強化剤をもう一回塗装していくのです。その上に仕上げ塗料を二度塗りして仕上げていきます。これだけやりますと仕上がりも大分よくなり、尚且つ膜厚もつきますのでカラーベストが頑丈になります。

上の写真は造幕シーラーで左の写真は一回目です。少し染みた感じに見えると思います。右の写真は2回目ですがよーくみると飴色に仕上がっているのがわかると思います。

上の写真は仕上げの写真です。左の写真は1回目で右は2回目です。

 

このほか外壁以外の雨戸や軒裏、シャッターや雨樋などを塗り、外壁屋根に関しては完成になります。

雰囲気が変わりましたよね!!続いては浴室と浴室ドアの工事を紹介していきます。

 

浴槽交換の工事を紹介していきたいと思います。工事に至る経緯ですが、使っている浴槽がお湯を貯めてもどこからか抜けてしまっていて、お湯tが半分くらいまで減ってしまうという現象がおこっていたそうです。今までに、ゴム栓を何度か変えたりしたそうですが、一向によくならなかったそうです。浴槽自体30年近くたっており大分ふるくなっていたので今回浴槽を交換することになりました。この時お施主様はお風呂全体を交換するしかないと思っておられました。また、他のお客様にも同様の事をいわれますが、浴槽のみの交換もできます!!

施工前の写真ですが、半分くらいのところに染みた跡があるとおもいますが、どれだけお湯を貯めてもこの位置まで減ってしまうのです。結局ゴム栓の淵の金具部分から漏れていました。

浴槽を解体していきます。FRPの浴槽がものすごく固く撤去するのに時間がかかりました。粉塵がものすごくでます。

仕上がりになります。色はブルーからホワイトになりました。また水栓も新しいものと交換しました。お湯もしっかりたまりますし、浴槽を換えただけでも見栄えは全然違います!!

 

続いては浴室ドア交換です。浴室のドアは年月経つとカビやぬめりがついてしまい、お手入れが大変ですよね。汚れの事もありますが、今回は引き戸のドアを折れ戸のものに交換していきました。見た目も大分かわります。

交換前の引き戸になります。

交換後の折り戸です。

 

マストホームズ静岡では、外壁だけでなくいろいろな工事ができます!!網戸の張り替えから、大掛かりなフォームまで何でもご相談ください!

ご覧になっていただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop