外壁工事と一緒に出来る工事とは!!!!

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > 外壁工事と一緒に出来る工事とは!!!!

こんにちは。マストホームズ静岡の中村です。今年もあと1週間ほどで終わりです。本当に今年の一年もあっという間でした。皆様にはたくさんの工事をご協力いただき感謝の気持ちでいっぱいです。来年もマストホームズ静岡を宜しくお願いします。

さて今回は足場を組んで行う外壁塗装工事で足場を組んだついでに行える工事についてお話ししていきたいと思います。足場を組むのは10年~15年に1度くらいの事だと思います。足場を組む費用も10万円から20万円ほどかかりますので毎年毎年足場を組んで何かしらの工事をされている方は少ないと思います。せっかく外壁塗装工事で足場を組んでしまうならばそのついでに違う工事も終わらせられたら、一石二鳥ですよね。そこで今回足場を組んだついでに外壁以外にやるおススメの工事・実際弊社でも良く行わせて頂く工事をご紹介していきたいと思います。皆様も参考にして頂ければと思います。

まずやはり多いのは屋根工事です。屋根はまず足場がないと出来ない工事になりますので外壁と一緒に屋根の工事はオススメです。もちろんカラーベストやセメント瓦など塗装が必要な屋根材のお宅様には弊社社員は必ず屋根塗装ご提案させて頂いていますので、屋根塗装だけやらないという事はあまりないと思います。ここでのお話しは塗装の必要がない瓦や金属系の屋根のお家になります。ついつい家は屋根を塗装しないからラッキーで終わってしまうと後々メンテナンスで足場を組んで屋根だけ補修しければいけない状況になりうる可能性があります。今現在世の中に出ている物でメンテナンスフリー、要は全くメンテナンスをしなくても大丈夫と言う物は本当にごく僅かです。ほとんどの物が何かしらのメンテナンスを施さなければ、耐久性を保つことが出来ません。瓦の場合は2カ所あります。漆喰工事と釘打ち工事です。瓦自体は傷んでいなくても瓦を固定してくれる漆喰が傷んでしまうと瓦がズレ落ちたり、雨漏れの原因になってしまいます。その為漆喰は必ず足場を組んだら点検することをおススメします。もう一つは瓦や棟は大抵釘でとめてあります。この釘が浮いてきたり、無くなっている場合が多々あります。併せて確認した方がいいでしょう。他にも瓦には全く問題がない場合でも、地震対策として瓦止めと言って瓦をコーキングで固定していくという施工もできます。屋根瓦をコーキングで1つに固定することで地震や台風での瓦の転落防止になります。他にも瓦が重い事が心配なお宅では瓦の葺き替えを行い、瓦から金属系の屋根やガルバリウムなどの軽い屋根材に変える事も可能になります。ただどちらも外壁工事である程度金額がかかってしまう工事に更に費用がかかってしまうというのが難点になります。せっかく足場を組んで工事をしていきますので、屋根も一緒に点検することをおススメします。

次におススメなのはベランダや屋上の床の防水工事になります。この防水に関しては極論足場無くても施工可能なケースが多いので足場がないと出来ないというわけではありませんが、ベランダの床などは直接雨漏れとなる可能性が非常に高いので気づいたときは雨漏れしてしまっているという事が無いようにベランダの防水も一緒にチェックすることはオススメです。防水の種類もシート防水・FRP防水・保護モルタルなど様々あります。防水の種類は他のブログページで書かさせて頂いていますので気になる方はそちらをご覧ください。施工方法としては2とおりあります。まず既存の防水がそんなに傷んでないというお宅にはトップコートといって今ある防水層の上にペンキを塗っていく事で今ある防水層を保護できる施工をおススメしています。このトップコート塗装のメリットとしては上からペンキを塗っていくだけの施工になりますので費用を抑えられるメリットがあります。逆にデメリットとしてはあくまでも保護の役割ですので新たに防水をしてくれるわけではありません。またベランダなどは人が歩くところになりますので既存の下地の状態等により剥離してくる可能性がある事です。その為ベランダのトップコートには保証が出せません。ただ築10年程度のお宅様でベランダの床がそこまで傷んでいなければトップコートで十分だと考えています。もちろん現在の下地の状態によってご提案は変わっていきますので注意してください。もう一つはもう一度防水を1からやり直す施工です。やり直すといっても今ある防水層の上からまた防水層を足していく施工方法です。下地が傷んでいたり、20年と年数が経っている場合にはおススメの施工方法です。デメリットとしてはトップコートと比べるとどうしても費用がかかってしまう事です。メリットはもう一度しっかりとした防水層作っていますので、耐久性・防水性が上がりますし、保証も出せることになります。ベランダの床も普段何気なく出ていると思いますが、中々細目にチェックされている方は少ないと思います。特にベランダの下が部屋になっているお宅様は外壁塗装工事と一緒に防水工事がお勧めになります。

続いては破風や庇・帯など現状の下地が傷んでいる箇所にがガルバリウムの板金を巻いていく工事です。塗装の長持ちするしないはもちろん塗料によって違いますが、1番は下地の状態が大きく左右されます。どんなに良い塗料を塗ったとしても下地が傷んでいると長持ちしません。よく外壁は綺麗なのに、破風板や幕板(帯)だけボロボロというお家を見たことがありませんか?そういうお宅は施工が良かった悪かったではなく、下地がボロボロの上に塗装をしてしまっているという事が原因と考えられます。その為ボロボロになってしまっている破風板や庇や幕板に塗装を行うという事はあまりオススメしていません。もし塗装をする場合3年から5年程度で劣化してくるという風に考えていた方がよろしいと思います。その為、マストホームズ静岡ではボロボロになっていしまっている破風板や庇や幕板に塗装をせずに、ガルバリウム鋼板の板金を巻いていくことお勧めしています。この板金を巻いていくことで塗装が剥がれてくるなどの劣化を防げるとともに、見た目も10年15年のきれいな美観を保たせることが出来ます。その為マストホームズ静岡ではボロボロになった破風板や幕板や庇などには板金工事をお薦めしています。

とここまでご説明させて頂いたのが足場を組んだ際に行える主要な3つの工事になります。ここからは少し細かい工事のご説明になります。

まずエアコンの取り付けや撤去の工事も便利になります。電気屋さんによっては2階のエアコン取り付けに高所作業費がかかってしまう電気屋さんがあります。足場があればそ心配もありません。マストホームズ静岡でもエアコンの販売から設置まで行えます。夏場のシーズンなどにいかかでしょうか?

電気関係でいくと使わないアンテナの撤去も行えます。屋根の上に取り付けてあるアンテナを中々撤去するタイミングが無いと思います。足場さえあれば簡単に撤去を行えます。もちろん撤去した際の配線はしっかり絶縁テープで巻きますのでご安心下さい。他にも撤去関係で行くと温水器など撤去も行えますし、足場があると大変便利になります。温水器を撤去すれば温水器の下の屋根材も塗装していくことができます。他にもソーラーパネルの設置も弊社では行えます。

次に窓関係でいうと網戸の貼り替えも2階などの網戸交換には便利です。他にも年末に凄く大人気なのが窓ふきです。2階の窓の外側は地味にふくことが難しいです。年末の大掃除も兼ねて窓ふきは大変おススメです。

その他には年数が経っているお家で樋交換なども人気です。雨樋も年数が経ってくると劣化して穴があいていたり、樋が詰まっていたり、樋の勾配がおかしくなっていたりします。樋が詰まっているだけなら高圧洗浄などで詰まりを直すことが出来ます。ただ樋の勾配や穴が開いていたり割れていたりした場合足場を組んだついでに交換がオススメになります。

この様に足場を組んだついでに行える工事は沢山あります。この中でマストホームズ静岡ではいくつか金額を頂かずサービス工事としてさせて頂いている工事もあります。足場を組む機会は外壁塗装以外ではあまりないと思います。外壁以外でも何か気になる事がありましたら是非マストホームズ静岡にお声がけ下さい。また足場は全く関係ありませんがエクステリア工事で土間打ちやカーポート・テラス・門扉・外塀の設置や内装リフォームでトイレ・お風呂・洗面化粧台・キッチン・クロスなども手掛けています。これらを全国1200店舗の組合による大量仕入れで商品を安く仕入れさせて頂いています。外壁塗装のついでにお家の内装リフォームをご検討頂く事も可能です。いちいち施工業者さんを探すならば、住宅のトータルリフォームをマストホームズ静岡にお任せください。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop