外壁塗装 金額徹底解剖 塗装会社によって金額が違う理由

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > 外壁塗装 金額徹底解剖 塗装会社によって金額が違う理由

こんにちは!!マストホームズ静岡の田中です。突然ですが、外壁塗装をお考えの方が一番気になさるところは、ずばり工事金額でしょう!『飛び込みの営業は良く来るけど、具体的に金額は言ってくれない』なんて声をよく耳にします。ですので今日ははっきりと金額に相場をお伝えしていきたいと思います。

まず金額を知るために重要なのはお家の大きさです。よくお家に入っている塗装会社に広告には、『30坪50万円』などと書かれていることも多いと思います。実際、お家の形や大きさ、外壁の種類、傷み具合などで大きく変わるため本当にざっくりした金額しか広告などには載せることが出来ないのがつらい所ですが、ほとんどのお家で30坪で50万は不可能な数字だと思います。30坪の場合、何社か見積もりを取れば分かりますが、だいたい80万円くらいかと思います。もちろん30坪で60万円くらいで出来るお家もあります。60万円で済むお家は、外壁がモルタルやトタンです。つまりシーリング工事がないため、15万から20万ほど安く済みます。30坪で80万円かかるお家は、外壁が往々にしてサイディングやALCボードだと思います。こちらはシーリング工事がついてまわるため、モルタルやトタンのお家に比べると15から20万高くなります。それに加え、屋根の塗装が必要なお家は更に15万から20万円かかるため、サイディングボードの外壁で屋根の塗装が必要な30坪のお家は、総額で90万から100万程かかるという事です。もちろんこれは相場ですので、その時の塗装店の状況や、お客様のお家の立地が宣伝効果抜群などと言った不確定要素で安くなったりもしますので、見積もりを取る際には金額交渉を楽しんで頂ければと思います!

ぐちゃぐちゃと数字ばかりが羅列され読みにくくなってしまいすみません。しかし、工事金額は、見やすくグラフにすると、どうしてもかなりざっくりとしたグループ分けでお伝えするしかなく、たぶんどのサイトを見ても、大体の金額しか載っていません。ここで私自身もすべてのお家に通用する金額はお伝え出来ません。

少し話は変わりますが、貴方様はなぜ金額を気にされますか?と聞かれたらどうでしょう。大半の方は、相場がわからないからとお答えになると思います。ではなぜ相場を知りたいのでしょう。それは塗装の金額の相場を知ることで、ぼったくりに会わないようにするためだと思います。相場を知り、目の前の見積りが高いのか安いのかを判断することはとっても大切な事です。私は静岡県静岡市でもう10年業界にいますが、静岡市でいうと、手抜き工事をするような塗装店は聞いたことがありません。つまり、工事はどこもしっかりとやってくれる前提でいえばあとは高い安いの話だけになるということです。

では、例えば塗装店A社、B社、C社でなぜ金額が違うのかをひも解いていきたいと思います。

①塗装専門店か否か

外壁塗装は、建てた業者に任せるつもりとお考えの方がとても多くいらっしゃいます。もちろん知らない業者よりも家を建てた業者の方が、点検にきてくれたり、何かあったらすぐに飛んできてくれたりと安心感が強く、よくわからない外壁塗装に関しては丸投げしたい気持ちもわかります。しかし、私たち外壁塗装店からしたらとてももったいなく感じます。先日ある超大手ハウスメーカーのお宅で見積りを出した際、そのお家はとても大きく施工箇所も多いのですが、その建築メーカーからなんと700万円の見積がでていました。いくら何でも高すぎます。全く同じ工事、同じ内容で弊社では300万ほどでした。つまり残りの400万円は建築メーカーに取られてしまう金額です。私たち下請けの塗装店には300万、間に入っているだけの建築メーカーが400万をもっていくのです。これは安心の値段では片づけられない差だと思います。その建築メーカーはしばしば見積の競合をしますが、大抵2倍の金額です。

実際、ここまで金額が違うことは大手ハウスメーカーしかありませんが、工務店などに塗装を頼むと塗装店の金額+αがかかります。

②足場や塗料など、材料費の仕入れ値の違い

塗料は日本ペイントや関西ペイントなどのメーカーから卸売業者に渡り、塗装店に流れます。そこで、卸売業者から塗装店に塗料を売る金額がいくらかでお客様が塗装工事を購入する金額がかなりかわります。

もちろん塗装店専門でどんどん現場をやっている会社と、総合リフォーム会社でたまにしか塗装工事がない会社では、卸業者も販売する数が違うため、金額がかわります。逆に私たちのような塗装専門店では、キッチンやトイレなどのリフォームは数がないため割高になります。餅は餅屋という言葉がありますが、そのとおりだと思います。

③利益率

最後はやはり利益率です。塗装店がいくら利益を残したいのかでお客様の購入金額は変わります。これは大きな会社ほど経費が多くかかるため、粗利益を半分は取らなければいけなかったり、金額がどんどんと上がってしまいます。これに関しては個人店の様に小さい規模の方が利益率は低くても営業できるため、安くあがります。

以上が見積の金額が違うわけでした!また次回お会いしましょう。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop