H29年5/31 モルタル壁① モルタル壁のメリットとは

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > H29年5/31 モルタル壁① モルタル壁のメリットとは

 こんにちは。マストホームズ静岡中村です。私の初ブログでサイディングボードについて書かさせて頂きましたが、皆様見ていただけたでしょうか?そこの冒頭で書かさせて頂きましたが、現在日本の住宅の外壁材の80%の割合を占めているのがサイディングボードです。本日のテーマは残り20%のうち半分の10%の割合のモルタル壁について書いていきたいと思います。

 急にモルタル壁と言われてもイメージがしにくいかもしれませんが、昔ながらの和風建築の住宅に多い「土壁」と言ったほうが皆様はイメージいやすいでしょうか?昔からこのモルタル壁はよく使われ、日本の気候にもすごく合っていると言われているのがこのモルタル壁になります。そもそもこのモルタル壁とはセメントと石とか砂を水で混ぜ合わせた外壁になります。よく新築の時に左官屋さんが粘土みたいなもので外壁を作っているのがモルタル壁です。セメントが含まれているので頑丈そうに見えますが、サイディングボード同様水を吸いやすいということがデメリットになります。新築時にモルタル壁表面に何かしらの塗装がされていて防水をしてくれています。モルタル壁は新築時にどんな塗装がされているかにより耐久年数も大きく変わってきます。他の外壁同様モルタル壁も水にものすごく弱い外壁材になります。モルタル壁自体には防水機能はありません。主原料がセメントや石などだからです。その為モルタル壁が水を含んで、乾燥してというのを繰り返していくと、モルタル壁自体が劣化していきます。少しの揺れでひび割れが入りやすくなったり、膨張伸縮でもひび割れが入ってきます。つまり簡潔に述べると、モルタル壁が水を吸うと、ヒビが入ってきます。ヒビが入るとそのヒビ割れからさらに水が入ってきます。ひび割れも少しづつ太くなってきます。年数がたつと雨漏れの原因にもなります。モルタル壁もほかの外壁同様水に注意しなければいけないという事です。

次にモルタル壁のメリット・デメリットについて書いていきたいと思いますメリットは3点あります。

 1点目質感が良く(マッド感)自分の好みのデザインを再現できる点です。サーディングボードはどうしても既製品になりますので、自分の好きな柄をどうしてもある物の中から選んでいかなければいけませんが、モルタル壁は職人さんにおねがいしたら、自分の好みのパターンやデザインを再現することができます。最近「ジョリーパット」という西欧風の外壁が人気ですがあちらも実はこのモルタル壁になります。

 2点目コーキングがない為目地割れやメンテナスの時にコーキングの補修をする必要がない点です。サイディングボードのところでもお話ししましたが、サイディングボードのお家にはコーキングというゴムが打たれていて、このゴムを補修していくのに費用がすごくかかります。またこのコーキングの劣化から外壁が傷んでくることが多いです。その為このコーキングがないモルタル壁のお家は、コーキングからの外壁の劣化を防ぐ事が出来る事と、メンテナンスの費用が抑えることができるのがメリットとなります。

 3点目お家に熱が伝わりにくい点です。サイディングボードや金属系の外壁はどうしても熱を含みます。夏場外壁を触って熱いと感じた方もいらっしゃると思います。特に金属系の外壁の表面温度はとても高くなります。それらボード系の外壁材に比べるとモルタル壁のセメントや石・砂は熱をあまり含まないので夏場でもそこまで熱くなることはありません。また外壁は水以外にも熱による劣化もありますので、熱が伝わりにくいことはモルタル壁のメリットと言えます。

次回はモルタル壁のデメリットについて書いていきます。

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop