H29年4/26 塗装をご計画中の方なら必ず耳にするフッ素樹脂塗料について

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > H29年4/26 塗装をご計画中の方なら必ず耳にするフッ素樹脂塗料について

こんにちは!!はじめまして!!マストホームズ静岡の田中 直と申します。個人的には初の投稿になりますので、今回は初回にふさわしく、現行最強塗料『フッ素樹脂塗料』に関して、書いていきたいと思います。このブログを見て頂いているあなたも、塗装に興味を持たれたことのある方なら必ず一度は耳にする塗料かと思います。塗装業者さんからも「とても長持ちします。」や「高いですけどいい塗料です。」など、様々なことを聞いているかもしれませんが、実際フッ素って何が良くて何が悪いのか。なぜそんなに耐久性が良いのかなど、今回はそこを掘り下げていきたいと思います。特に弊社では、日本ペイントの『ファイン4Fセラミック』が最も信頼できる塗料として頻繁に使用させて頂いていますので、この塗料を基準に考えていきたいと思います。

①フッ素樹脂塗料のメリット

まずはフッ素樹脂のメリット、それはいうまでもなく耐久年数が他の樹脂塗料に比べ、圧倒的に長いという点です。もちろん、フッ素樹脂塗料の中にも各社、様々な塗料を出していますので、耐久年数は12年~20年とかなりバラバラです。なぜそんなにもバラバラなのか、その理由は2つあります。1つ目は、フッ素樹脂塗料の中にフッ素樹脂の配合率が各社様々であること、2つ目は、フッ素樹脂塗料といってもその中の分子結合にフッ素がいくつ絡んでいるのか(のちほど詳しく)によります。

1つ目の配合量に関しては、お客様の失敗談も多く、注意が必要です。それはフッ素樹脂塗料として販売されている塗料の中には、内容はほとんどシリコン樹脂にも関わらず、少しだけフッ素樹脂が入っている塗料がフッ素樹脂塗料として販売されているものもあります。もちろん価格はフッ素樹脂とは思えないほど安価で、フッ素樹脂は持ちが良いと安易に思っていると非常に飛びつきやすいので注意が必要です。しかし、それを見破ることは、一般の方には難しいのが現状です。ですので、簡単な方法として私からお勧めするのは、大手の塗料メーカーから出ているフッ素樹脂ならとりあえずは安心ですので、日本ペイントや関西ペイントなどのメーカー品をお勧めします。間違っても塗装業者オリジナル塗料や海外製品等はお勧めしません。

2つ目は、フッ素樹脂内部の分子結合についてですが、私自身、化学の話は眠くなりますので、要約してお話します。フッ素樹脂塗料には細かくいうと3フッ化フッ素樹脂塗料4フッ化フッ素樹脂塗料の2つが出回っています。3フッ化と4フッ化の違いはフッ素元素の結合の数の違いです(下記図参照)。以前からあった3フッ化フッ素樹脂塗料は、炭素(C)2つに対して3つのフッ素(F)と1つの塩素(Cl)が結合している状態でした。しかし、この炭素と塩素の結合は、紫外線に弱く、そこから劣化し、塗料の防水性が落ちることがわかっています。その進化形として2008年に日本ペイントが世界で初めて開発に成功し販売を開始したのがファイン4Fセラミックです。この塗料は、4フッ化フッ素樹脂塗料で、炭素2つに対して4つのフッ素が結合された分子を採用しています。4フッ化にすることで、早期劣化の原因である塩素を取り除くことができ、耐久年数が飛躍的に延びました。もちろん現在は他社メーカーでも販売を開始していますが、まだまだ3フッ化が値段的にも主流といえます。ちなみに4フッ化フッ素は、あの東京スカイツリー六本木ヒルズなど、焼津の田舎生まれの私からすると聞いただけで、たじろいでしまうような最新の建築物に使われています。

IMG_8038IMG_8039

ほかにもフッ素樹脂塗料には様々なメリットがあります。耐汚染性(汚れが雨で落ちる)や防カビ・防藻性などはどのフッ素樹脂塗料にも当たり前のようについています。もちろん、各社塗料ごと特徴の差はありますので、詳しくは是非、担当者までお聞きください。

②フッ素樹脂塗料のデメリット

フッ素樹脂塗料のデメリットはただ一点、価格です。すべてを兼ね備えた超高耐久な塗料ですので金額的もそれに応じたものになります。現状、フッ素樹脂塗料が一番の売れ筋にならない理由はそこにあるといっても過言ではありません。実際、お施主様は外壁塗装だけにお金を使うわけではなく、車を購入したり、学費に費用が掛かったりと様々な所でお金が必要になります。そこで外壁にいくらモノが良いとはいえ、高額なフッ素樹脂塗料は選ばず、スタンダードに耐久年数も一般的なシリコン樹脂塗料を採用される方が多いのが現状です。もっとフッ素が安く提供できるようになればいいのにと思います!!

ただ1回の塗装の費用は確かに高いですが、フッ素はシリコンに比べ約1.5倍の耐久年数があるといわれています。経験上、工事価格がシリコンで80万円かかるお家は、フッ素で100万円ほどです。築30年まで住むとしたら、シリコンを10年に1度、計3回塗装するとその合計は240万円ですが、フッ素であれば15年に1度、計2回の塗装で済みます。つまり合計200万円、長い目で見て頂ければ、実はフッ素樹脂塗料を使用したほうが安いのです。これは声を大にして言いたいと思います。実はシリコン樹脂塗料よりフッ素樹脂塗料のほうが安くあがるんです!!!

《 最後に 》

ご視聴ありがとうございました。フッ素樹脂塗料は個人的にとても好きな塗料ですので熱くなってしまい、読みにくい部分もあったかと思いますが、初回とうことで御寛恕のほど、よろしくお願い致します。次回からもシリコンやウレタン、光触媒や断熱・遮熱塗料など様々な塗料を取り上げていきたいと思っていますので、ご期待ください!!!

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop