H29年4/26祝初ブログ!!!!!窯業系サイディングとは

地元静岡の塗装屋さん『マストホームズ静岡』 > お知らせ > H29年4/26祝初ブログ!!!!!窯業系サイディングとは

こんにちはマストホームズ静岡の中村です。ついにマストホームズ静岡でもローテーションを組んでブログを更新していきたいと思います。ここまで足を運んで来て下さった方、有り難うございます‼‼‼これからも定期的にブログをアップしていきますので是非チェックしてみてください!!

記念すべき1回目のブログは、日本の戸建て住宅で最も多く使われる窯業系サイディングボードについてお話ししていきたいと思います。皆さんあまり窯業系サイディングとは聞きなれない言葉かもしれませんが、現在日本の戸建て住宅において、なんと80%の住宅でこの窯業系サイディングボードが使われていると言われています。残りの10%がモルタル壁・5%がトタン壁・5%がALCボードとなっています。

窯業系サイディングの画像

CIMG6080

CIMG6629

CIMG6203

CIMG6065

モルタル壁(リシン)           

CIMG5594

トタン壁                

DSCF6688

ALCボード

CIMG6002

そもそもこの窯業系サイディングボードが多く使われている理由が大きく3点あります。

 1つ目は従来の外壁(トタン壁・モルタル壁)では表現できない模様や柄・デザインが豊富でお施主様のニーズにお応えしやすいことです。確かに街を歩くと色んなデザインのお家がありますよね?

 2つ目軽くて丈夫で耐震性に優れている点です。特に静岡県は東海地震が昔から言われていますので、このサイディングボードが多いんですね。

 3つ目施工が安価で品質が安定している点です。これはどういうことかというと、サイディングボードの方が施工する時に手間がかからないという事です。従来のモルタル壁は左官の職人さんが材料を現場で合わせムラが無いように塗っていかなければなりません。するとやはり職人さんによって、上手い下手がわかれてしまいます。それに比べてこのサイディングボードは完成したものを現場で張っていきますので、職人さんによって品質が左右されにくかったり、時間も大幅に短縮できます。

ここで書かさせて頂いているのはあくまでもサイディングボードのメリットになります。決してモルタル壁が良いとか悪いというわけではありません。それぞれの外壁材にメリット・デメリットがあります。あとはお施主様の好みに合わせて選んで頂くだけです。洋風なサイディングボードよりも和風なモルタル壁がお好きな方のいらっしゃるとおもいますので!!!他の外壁材のメリットデメリットもまた更新していきます。

 

そしてこのサイディングボードの欠点は2点あります。

 1つ目は窯業系サイディングボードは水を吸いやすい点です。メリットとして書かさせてもらった「軽くて丈夫」。実は窯業系サイディングボードの主原料はセメントに紙の原料となるパルプ材を混ぜ合わせて出来ています。ちなみにセメントに石・砂・水を混ぜるとコンクリートが出来上がります。つまり窯業系サイディングボードはコンクリート級の硬度をもった外壁材です。しかしコンクリートはとても重いので、あえてパルプ材を混ぜて軽量化しています。ここが窯業系サイディングボードのメリットでもあり、デメリットになります。原料にパルプ材が含まれているので、水をとてもすいやすくなります。新築時に水を吸わない様に防水加工がされています。この防水効果が切れてきてしまうとサイディングボードが水を吸って乾いてを繰り返しサイディングボードが反ったり、割れてきてしまったりします。サイディングボードが劣化しすぎると、塗装工事では直せませんので、サイディングボードの張り替え工事・交換工事になります。僕たちもサイディングの張り替え工事をさせて頂いたことがありますが、塗装よりも費用が余計にかかってしまうので、10年の早めの塗装をおススメさせて頂いています

サイディングボードの浮き            

CIMG6634

サイディングボードのカケ(表面の劣化)              

CIMG7432

サイディングボードの割れ

CIMG7262                 

 2つ目ンテナンス費用が高い・高くなる可能性が高いという点です。1つ目の理由と少し同じように思われますが、もちろんサイディングボードが劣化しすぎてしまい、ボードの交換等が必要になった時は補修費が高くなります。しかし、それはほかの外壁材でも同じです。ここでお伝えしたいのは、サイディングボードにはトタン壁やモルタル壁にない補修工事が必要になります。それがコーキング補修になります。コーキングとはサイディングボードとサイディングボードのあいだに打ってあるゴムのことです。上記のサイディングの画像にも載せてあります。このコーキング材がモルタル壁やトタン壁にはありません。コーキング材自体のお話しはまた別の形で更新させて頂きますが、このコーキング材は30坪の平均的なお家で全部をあわせると約200mから300mの長さがあります。学校のグラウンドの半周から1周の長さです。長いですよね!!その200m~300mを処理していきますので、費用がすごくかかります。コーキング材が劣化するとサイディングボードの劣化を早めたり、雨漏れの原因になります。そのため外壁塗装工事でサイディングボードのお家はほぼコーキングがセット価格になっています。そのためにメンテナンスの費用が少し高くなっていしまいます。

 

 この様に外壁材だけでも種類がたくさんあり、それぞれの外壁材により外壁塗装の施工法や補修方法が異なってきます。専門的な知識や経験が必要になってきます。弊社では外壁劣化診断士の資格を持った人間しか、お施主様のお家をチェックしません!!!お家の事で何かお困りの事ありましたら、お気軽にご相談ください!!!!           

0120-017-603
静岡の外壁塗装・屋根塗装MUSTHOMES静岡お見積り無料!お問い合わせはこちら0120017603
pagetop